>  >  > 【閲覧注意】土砂の下から変形死体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ペルー

,

北原大悟

,

大洪水

,

干ばつ

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1703_bosyundersandwithcar_1.jpg
画像は、jopotts / Derumbe (landslide) (from Flickr, CC BY 2.0)

 ブラジル北東部にあるセルトンと呼ばれる半乾燥地帯が、過去100年間でも最悪の干ばつに見舞われている。多くの家畜が死に、地域住民2,500万人のうち300万人に十分な水が供給されていない状況だ。地元当局によると底をついた貯水池もあるらしく、貯水量も6%程度と危機的状況だという。専門家らはこの大干ばつを、エルニーニョ現象などの異常気象が原因だと考えているそうだ。

 ブラジルが歴史的な大干ばつに襲われている一方で、南米ペルーでは豪雨による影響で大洪水が発生した。同国内では今月初めから断続的な大雨が数週間に渡って降り続き、各地で洪水や土砂崩の被害が相次いでいる。ペルー当局は例年の10倍もの降水量に達したと発表。今月17日には洪水がペルーの首都・リマを襲い、激しい濁流が車を飲み込み住宅を浸水させ、数千人が取り残される事態に。多くの地域で道路が冠水し交通網は完全に麻痺。約10万人が帰る家を失い、今月21日までに78人が死亡した。

 ショッキングニュースサイト「Best Gore」には、ペルーの洪水で発生した土砂崩れに巻き込まれた遺体の回収作業を捉えた動画が公開されている。ペルー北西部の山岳地帯で起きた土砂崩れは一台の車を飲み込み、乗車していた人もろともペシャンコに押し潰してしまった。映像には男性らがツルハシやスコップを使い、数人の頭や腕が覗く車内から必死に土砂を掻き出す様子が映っている。

 また昨年4月に発生した熊本地震でも土砂災害は多数発生しており、国土交通省が発表した「平成28年熊本地震による土砂災害の概要」では、九州地方全域で190件ものがけ崩れや土石流といった土砂災害が報告されている。同地震によって発生した土砂災害と梅雨前線豪雨の土砂災害による関連死で15人の尊い命が失われた。

 ペルー政府は被災地域の復興に、日本円で約860億円の緊急予算を発表。住民らは一刻も早い対策を待ち望んでいることだろう。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?