>  > 両親に6年間監禁された女の表情がヤバい=中国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

交際

,

北原大悟

,

少女

,

監禁

,

虐待

※衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

1702_girlfoundinchine_1.jpg
画像は、「头条易读」より

 両親が実の子どもを監禁するという虐待事件は、世界中で起きている。日本では2011年に岡山市で、特別支援学校高等部に通う当時16歳だった少女が、実の母親に監禁された末に死亡するという事件が起きた。母親は娘の手足をビニール紐で縛り、約5時間にわたり浴槽内に裸の状態で監禁。結果、少女は低体温症によって死亡した。少女の体には数カ所にアザが見られ、日常的に虐待があったことが証明されている。

 また、2015年には大阪でも「娘が太った」という理由だけで、両親が12日間にわたって自宅に監禁するという事件が起きている。両親は娘に1日1食の食事しか与えず、父親に至っては金属棒で娘を殴りつけ、怪我を負わせたという。

1702_girlfoundinchine_2.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 そして2009年、中国・湖北省の小さな村でも同様の事件が起きた。当時18歳だったチャン・チーは、好きだった男性との交際を両親から反対されてしまう。反対を押し切ろうとしたチャンは、その後、6年間に及ぶ監禁生活を強いられたという。彼女が監禁されていた環境は清潔とは程遠く、藁が敷かれた小屋の床に、ずっと横になっていたそうだ。実の親からまるで動物のように扱われるチャンを見かねた知人女性が、彼女の写真をネット上に投稿し、ついに明るみとなった今回の事件。2015年、6年ぶりに救い出されたチャンの体は青白くやせ細り、その目からも完全に生気が消えていた。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。