>  >  > 堀北真希の元マネはハンパない性悪女!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
0315horikita_main.jpg
※画像:堀北真希

 山本耕史と2015年に結婚し、翌年には第一子を出産した堀北真希が、2017年2月28日をもって芸能界から引退した。

 母親としての生活に集中するのが引退の主な理由であり、なおかつ全ての仕事先への挨拶も済ませ、契約満了をもって芸能界から去ったため、彼女の行動には好意的な声も多かった。しかし、彼女の引退に伴って業界内からはとある人物への批判の声が続々と聞こえるようになってきた。

「堀北真希さんのマネージャーですよ。これまでは人気女優のマネージャーだったのでみんな我慢していましたが、現場での態度がひどく、かなり評判の悪い人でした。堀北さんが引退したことで、これまで周囲のスタッフがため込んでいた不満が一気に噴き出しています」(テレビ局関係者)

 態度がひどいとは、どういうことなのか。

「堀北さんのマネージャーは元々、学生時代にテレビ業界でバイトしていた女性。そのときに局員やスタッフから雑用を命じられるなど、相当コキ使われていたようなんです。その後、今の事務所に入って堀北さんの担当になりました。そして、堀北さんが大ブレイクしてからは現場でかなり横柄な態度をとるようになり、かつてのバイト時代の上司を呼びつけて叱責したり、嫌味をぶつけるなどしていたんです」(同)

 彼女にしてみれば、かつての復讐といったところだろうか。

「復讐という意味でそういう態度をとったのならば、まだ許せますよ。最初、そのターゲットはかつての上司だけでしたが、徐々に優越感に浸るのが楽しくなったようで、その矛先がバイト当時とは無関係のスタッフにも向けられるようになったんです。

またテレビ局の局員は『さん』付けなのに、それ以外の外部のスタッフは『お前』や『こいつ』呼ばわりで、制作現場の人間からは嫌われる存在でしたね」(同)

 しかし、そんな堀北も引退となった。女性マネージャーは今、何をしているのか。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。