>  >  > あなたは<香りバス>を支持しますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

公共空間での香り演出に賛否両論 あなたは<香りバス>問題をどう考える?の画像1
公共空間に香り演出は必要か?(http://jp.depositphotos.com)

 公共空間での香りをめぐる議論が盛んだ。東急電鉄(東京都)では昨年2月からに東急線の全シースルー改札口、渋谷ちかみち総合インフォメーション、渋谷駅観光案内所など17駅の23カ所にアロマディフューザー(アロマ発生器)を設置し、天然アロマによる香りの空間演出を実施した。

 しかし、日本消費者連盟が中止要請と公開質問状を出した。<「アロマ空間演出」で化学物質過敏症の人などに被害が出た場合、どうされますか。具体的な対処方法をお聞かせください>などとしている。これ以外にも一般乗客などからの批判もうけ、<不快に思われる方がいるならやむを得ない>などとして9月で中止している。

 また、埼玉県熊谷市でも昨年の夏に市役所本庁舎と市立熊谷図書館の1階出入り口付近に、暑さによる不快感を和らげるために試験的にアロマディフューザーを設置。<暑さが和らぐ>などと好意的な意見も少なくなかったようだが、否定的な声も一部にあったため、今年は実施がないようだ。

認知度が低い化学物質過敏症

 最も新しい事例は名鉄バス(名古屋市)が昨年11月から夜行バスの乗客にリラックスしてもらおうと始めた<香りバス>だ。車両の出入り口付近にアロマディフューザーアロマ設置し、ドアの開閉と同時に香りが発生する仕組みで、名古屋―福岡線など3路線で走らせている。

 しかし2月14日、この香りバスに「化学物質過敏症あいちRe(リ)の会」(名古屋市)が名鉄バスに対して、見直しを求める質問書を提出した。「化学物質過敏症の患者ら、香料で健康被害を起こす人もいる」「夜行バスは代替手段がなく、特定の人たちが排除される」などと訴えた。

 これに対して名鉄バスは2月28日に名鉄バスの担当者が「化学物質過敏症 あいちReの会」に電話で回答している。以下は同会がブログ(http://blog.canpan.info/aichirenokai/)で公開しているものだ。(一部抜粋)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。