>  > 14年間タイ刑務所で暮らした元・日本人死刑囚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

タイ

,

刑務所

,

死刑

,

犯罪

,

裁判

,

高田胤臣

,

麻薬

 小遣い稼ぎのつもりで覚醒剤の密輸に手を染めた日本人の男――。タイに遊びに行ったついでに毎回数千錠を買い込み、日本で売る。そんなことを幾度となく繰り返したのち、2002年にタイの空港で逮捕された。その時点ではすぐに日本に帰されると思っていたが、裁判での求刑は、なんと死刑。最終的に懲役30年まで減刑され、2016年8月に釈放された。そんな日本人男性から話を聞いた。

ThaiPrison_3.jpg
竹澤の受刑者管理番号。下の30は刑期の30年のこと。(写真提供:竹澤恒男)

■強制送還だと思っていたら死刑!

 現在、栃木県小山市に暮らす元受刑者・竹澤恒男(64歳)は、14年間に及ぶタイの刑務所暮らしを経て、生きて日本への帰還を果たした。2017年になって何度かテレビや雑誌でも取り上げられていたので、名前をなんとなく聞き覚えている人もいるかもしれない。

 かつて竹澤は、タイの国際空港で「ヤーバー」と呼ばれるアンフェタミン系の覚醒剤を大量所持しているところを発見され、裁判では密輸目的と判断されて死刑が求刑された。2年にも及ぶ裁判の結果、下された判決は懲役30年にまで減刑されたものの、その時点で50歳を超えていた本人は「もう生きて帰れる可能性は薄い」と感じていたという。

 竹澤は神戸出身だが、当時まだ結婚したばかりのタイ人妻と、小山市内でアジアン雑貨店を営んでいた。近所にも日本在住のタイ人が多く、知り合いもたくさんいたが、ある日その中の1人が不法滞在でタイに強制送還された。その後、竹澤は1人でタイへと旅行に出かけ、強制送還された男の故郷を訪ねた。友人との久しぶりの再会――。そして男は、「喘息に効くのだ」と言って竹澤にヤーバーをくれた。この経験こそ、そもそもの間違いの始まりだった。

 幸か不幸か、竹澤の体質にヤーバーは合わなかった。その代わり、「これを売れば小遣い稼ぎになる」と考えた彼は、日本に持ち帰ったのだ。このようにして味を占め、とうとう7度目か8度目に逮捕された。

ThaiPrison.jpg
受刑者用の服。タイは常夏といっても12月1月は20℃を切る寒さになるので、これだけでは厳しい時期もある。(写真提供:竹澤恒男)

 裁判での求刑「死刑」を耳にするまで、強制送還ぐらいの処分で済むと思っていた竹澤。判決は懲役30年にまで減刑されたものの、現実は甘くはないことを思い知り、年齢と喘息の持病を考えればもう日本に帰れないという絶望に打ちひしがれた。タイでは拘置所と刑務所が同じ施設だが、ある日、竹澤が死への恐怖をさらに募らせる出来事が起きたという。

「深夜、隣の房がバタバタ騒がしいなと思っていたら、囚人のひとりが心臓発作を起こしていたようでした。しかし、医師が駆けつけることはなく、朝の解鍵まで放置されて死亡しました。しばくして、袋に詰められて搬送されるところも見てしまいましたよ」

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。