>  >  > 局アナ制度がなくなる可能性が浮上中!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

吉沢ひかる

,

女子アナ

【校正済み】局アナ制度がなくなる可能性の画像1
※イメージ画像:『永久保存版!女子アナ決定的瞬間 発掘!お宝! ハプニング写真大図鑑』(宝島社)

 NHKはもちろん、民放各局にも専門職採用されたアナウンサーがいる。その数はテレビのキー局だけでも数百名を数え、全国の地方局やラジオ局、フリーのアナウンサーなども含めれば数千人存在するといわれる。

 放送の世界で活躍するアナウンサーは世の人々にとって当たり前の存在となっている。だが、実は今、それが変わり始めているといわれているそうだ。関係者が話を聞かせてくれた。

「テレビ局のアナウンサーは就職を希望する学生たちの人気が高く、特にキー局のアナウンサーの採用試験は今も狭き門です。この職を志す人は今後も減ることなく一定数存在するでしょうが、採用する側の事情は違います。テレビ局としてはアナウンサーを自社で抱えることにメリットを感じなくなってきているんです。このままでは将来的には局アナという存在がなくなるかもしれません」(テレビ局関係者)

 驚くべきことに局アナの存在が将来は消滅する可能性があるらしい。

「ここ10年ほどは特に顕著ですが、せっかく採用して一人前に育て上げても、人気と実力を兼ね備えたタイミングでフリーになる局アナが多いんです。ひと昔前ならばフリーになるのは40代が相場で、早くても30代でした。しかし最近は20代でフリーになるアナウンサーも出てきています。莫大なお金をかけて育て上げたとしても、結局芸能プロダクションに持っていかれるなら、最初から局の職員として採用しないほうが金銭的なメリットが大きいという声が大きくなってきているんです」(同)

 たしかにフリーアナウンサーになる局アナは多いが、テレビ局にとっては痛手なのだ。

関連キーワード

コメント

2:匿名2017年4月 4日 07:49 | 返信

そうなったら、セントフォースの1人勝ちだなw

1:匿名2017年4月 4日 07:48 | 返信

局アナが無くなることはない、とコメントしているのに、そう遠くない将来に消えてしまうかもしれない、と最後に否定されてしまっているかわいそうな関係者w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。