>  > 子役の労基違反は撮影現場では当たり前!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

吉沢ひかる

,

子役

,

芸能界

【校正済み】子役の労基違反は撮影現場では当たり前!? ブラックすぎるドラマの撮影現場の内情を関係者が暴露の画像1
※イメージ画像:『ピラメキ子役恋ものがたり~子役に憧れるすべての親子のために~』(よしもとアール・アンド・シー)

 上質なドラマ製作にも定評がある民放衛星局「WOWOW」。だが、今年1月に行われたドラマ『東京すみっこごはん』の撮影において、出演者の子役女児を未明まで長時間働かせていたことが判明。ドラマは5月に放送予定だったものの、この問題を受けて中止となった。

 労働基準法では13歳未満の子供の午後8時以降の労働、また長時間労働は禁止されているため、今回の件は完全にアウトだ。しかし、タイトなスケジュールで進められているといわれる撮影現場では、同じような例がほかにもあるように感じる。実際のところを現場の人々に聞いた。

「生放送では労働基準法は順守しています。AKB48であろうとジャニーズであろうと20時前には画面から姿を消します。ただし、収録の場合となると、WOWOWを責められる局や制作会社は皆無でしょうね」(プロダクション関係者)

 たしかに生放送では法律を守っている印象があるが、収録の場合には異なる実情があるようだ。テレビ局関係者の話。

「基本は労働基準法を守って撮影したいんですが、ドラマの場合には深夜や明け方まで、もしくは完全徹夜で行われることもあります。そうなると子役であっても深夜まで拘束されることになりますね」

 やはり、WOWOW以外の放送局でも同じようなケースはあるようだ。疑問に思うのは、なぜ子役はそれに付き合うのかという点。

「事務所も親も本人も労働基準法はわかっています。ただ、撮影に参加できずに出番を失うくらいなら、法律よりも実益を取るという子役本人や親御さんが多いんです」(前出・関係者)

 本来は実益より法律に従うべきだが、出演したいという思いが勝ってしまうようだ。ならば、そもそもこうした撮影を行わないようスケジュールを組めないものか。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。