>  >  > 超巨大ブラックホールが爆速で暴走中! ヤバい事態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 地球から80億光年離れた宇宙の彼方で、恐るべき規模の超大質量ブラックホールが誕生していることが先日確認された。近づいたものは何もかも一瞬のうちに飲み込んでしまう底なしの胃袋を誇る“暴君”は、我々の太陽の100万倍以上もの質量を持つ。遠い銀河の向こうの話だと安心してばかりはいられない。なんと時速720万kmで宇宙空間を爆走中なのだ。


■生まれたばかりの超大質量ブラックホールが大暴走!

 我々の太陽系が属する天の川銀河を含めて、銀河系の中心には、まさに地元の“首領”としての超大質量ブラックホール(Supermassive black hole)が鎮座していると考えられている。

 現在の最先端の天体観測技術をもってしても、ブラックホールそのものを直接観察することはできないのだが、銀河の中心部にはきわめて明るく輝いている「クエーサー」という恒星系があり、その中心に超大質量ブラックホールが構えているとされるため、居場所の特定はそれほど難しくない。

 そして先日、地球から80億光年先にあるクエーサー「3C 186」をハッブル宇宙望遠鏡が観察したところ、3C 186は属する銀河の中心から3万5000光年離れた場所にあることがわかり、謎を呼んだ。銀河の“大黒柱”として中心に鎮座する超大質量ブラックホールが、中心からズレていることを示す格好となったが、そんなことが起こり得るのか?

rogueblackhole1.JPG
クエーサー「3C 186」 画像は「NASA Goddard」より

 そしてどうやらこの超大質量ブラックホールが物凄いスピードで移動していることもわかった。試算では秒速2000km=時速約720万kmというとてつもない速さだ。あまりに速すぎてピンとこないと思うが、例えば地球から月まで3分足らずで到達する速さである。ともあれ、このままでは超大質量ブラックホールはどんどん銀河の中心から離れていき、スピードが緩むことがなければ2000万年以内に母体となる銀河を抜け出す事態にもなる。

コメント

3:匿名2017年4月 2日 17:50 | 返信

つまり、それはブラックホールではあり得ない。

2:匿名2017年4月 2日 14:44 | 返信

80億年も経てば他の銀河に衝突して軌道も変わっている。つまらん心配するな。くだらん。それに時速720万kmなんて、宇宙の距離感からすればあまりにも遅くてナメクジがはうスピードにも劣るわ。バカバカしいw

1:匿名2017年4月 2日 12:38 | 返信

80億年前のことを心配してもしょうがないだろ?w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。