>  > 的中率83.3%の衝撃情報入手! 今週日曜に何が起きる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
403tocana_1.jpg
衝撃の事実が明らかに……

■80%を超える的中率は異次元の世界

 過去、ノストラダムスやジョン・タイターなどさまざまな予言者が登場したが、彼らの予言の的中率は決して高くないのが実情だ。これまでトカナで紹介した「ヴェスヴィオ山の噴火」(ノストラダムス)や「2015年、核戦争勃発」(ジョン・タイター)といった予言は、結局何も起きなかった。こういった予言は、トータルで見て20%も的中すれば上々の部類といえるのではないか。

 また、株価の変動を予想するアナリストや、芸能人の婚期を予想する占いタレントなども数多く見られるが、彼らの的中率もたかが知れている。

 しかし、世の中には的中率83.3%という驚異の数字を叩き出す情報があり、しかも、それが多くの人に「多額の利益」を届けているというから驚きだ。この的中率83.3%という伝説を残したのが、競馬総合情報社「シンクタンク」によるG1情報である。


■一大レジャーに成長した競馬、その秘密とは?

「なんだ、競馬か……」と意表を突かれた読者もいるだろう。しかし、これだけは伝えておきたい。

「競馬は、今取り組むべき最高のレジャー」

なのだということを。昨今、競馬が熱い注目を集めているポイントは3つある。

1. 売上アップによってファン向けのサービスが充実していること
2. 馬券が購入しやすくなっていること
3. インターネットの普及で競馬予想が進化したこと

 ここ数年は、競馬人気が向上して毎年のように馬券売上が前年比を上回っている。その結果、競馬場でのファン向けサービスが充実し、10年前とは比較にならない斬新な企画や、家族向け、カップル向け、女性向けのイベントやサービスも増加した。競馬場にはカップルや家族連れが増え、競馬場の建物自体もおしゃれに変わるなど、一大レジャースポットに成長したといえるだろう。このあたりは百聞は一見にしかず、ぜひ一度、競馬場に足を運んで体感してもらいたい。

403tocana_3.JPG
競馬場には毎週数万人のファンが訪れる

 そしてもうひとつ、馬券が買いやすくなった点も大きなポイントだ。昔は競馬場や場外馬券場でしか馬券が買えず、家から何時間もかけて現地に向かうようなファンも少なくなかった。しかし今は、インターネットを利用した馬券販売システムが確立し、さらに楽天カードなどのクレジットカード、そしてネットバンキングを利用して馬券を購入できる時代。外出先で気軽に馬券を買えるのだから、これほど便利なことはない。

 最後に、インターネットによる競馬予想の進化も見逃せないポイントだ。一昔前の競馬ファンは、競馬新聞やスポーツ紙を参考に予想していたが、今やパソコンやスマートフォンを利用してインターネットでさまざまな情報が入手できる時代。それに合わせて、今まで世に出ることのなかった「関係者情報」に触れることができるようになったのも大きい。

 以上のように、競馬には数多くの追い風が吹いており、これから始めるには絶好の条件が揃っているのだ。ちなみに、競馬場のイベントやサービス、馬券の購入方法などはJRAなど主催者の公式サイトをチェックしていただいた方が間違いない。今回は、前述した“的中率83.3%の競馬情報”についてもう少し詳しく検証してみよう。


■桜花賞に向けて注目

 さて、何を考えているかわからないサラブレッドたちがターフを駆ける競馬において、的中率83.3%という成績は衝撃以外の何物でもない。しかも、レースには不利や落馬など想定外の出来事も多い。にもかかわらずこれだけの成績を残せるのは、極めて高いレベルの情報を手にしているからにほかならない。

 このシンクタンクが提供する「G1特集」を監修する最高責任者は、名馬サクラスターオーを管理した元JRA調教師・平井雄二。本特集では、G1レースの裏情報からデータ班の分析による推奨馬まで、馬券に役立つさまざまな情報を公開。的中率83.3%という好成績を記録したのは昨年の春競馬、12戦10勝だった。

 ちなみに、今週行われる第77回桜花賞に関して、シンクタンクは過去10年で7勝、万馬券4本的中と抜群の実績。そして、桜花賞に繋がるレースである昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ、今年のチューリップ賞、フィリーズレビュー、クイーンカップ、フラワーカップといった重要なレースも見事的中させている。まさに、桜花賞的中に向けて万全の状態といったところだろうか。そして直前の見解として、

「昨年の2歳女王で、チューリップ賞も制した無敗のソウルスターリングの強さは誰しもが認めるところですし、世間では“1強”との声も聞こえます。実は、この状況は昨年の桜花賞ととても似ている状況です。昨年は、メジャーエンブレムが1.5倍と圧倒的な支持を集めて1番人気になったものの、結果はご存知の通り4着と期待を裏切りました。この時期の3歳牝馬は未完成、つまり不安定要素があるのです。その昨年は、勝ち馬ジュエラーの確信勝負情報が関係者から届き、自信の本命馬として提供。結果、三連単2万330円の万馬券を含む完全的中をお届けしました。もちろん今年も、昨年同様の的中に直結する情報を把握しておりますが、マスコミに漏れるのを防ぐため、現時点で詳細をお教えすることはできません。ただし、今年も昨年同様に一発を狙っている陣営の存在をキャッチしていますので、ぜひ期待してほしいですね」

403tocana_2.JPG
昨年の桜花賞も核心の情報で万馬券的中

 と非常に期待が高まるコメントをいただいたが、さらに驚くべきニュースを教えてもらった。なんと、この桜花賞の3連単情報を、まだシンクタンクを利用したことがない方に限り、特別に「無料」で提供してくれるというのだ。

 これだけの情報力と実績を持つ、シンクタンクが提供する桜花賞情報。これほど価値あるものが他にあるだろうか? 馬券を買っても買わなくても、この情報は一見の価値ありと断言できる。

 さらに、シンクタンクではさまざまな無料サービスも提供しているが、その一つが「LINE」だ。この「LINE」では、関係者がコッソリと耳打ちしてくれたようなネタ、一般にはお伝えできないような話、さらに緊急で入ってきた情報などを提供している。中にはLINE限定での情報もあるようなので、ぜひこちらも利用したい。

 また、サイトでも馬券に役立つだけでなく、競馬が面白くなる話を公開しており、加えて無料で半永続的に見られる情報もたくさん用意されている。馬券で「もっと儲けたい」「もっと効率よく利益を出したい」と考えているのであれば、これらの情報も活用するのが賢い選択だ。いずれにしても、今年の春競馬もシンクタンクから目が離せない。今年はどんな的中率を残すのだろうか。

特別無料情報CLICK → 「桜花賞」3連単


※本稿はPR記事です。

コメント

2:匿名2017年4月 5日 10:46 | 返信

広告であることがトップページの見出しで表示されてる記事と、これみたいに最後に書いてあるだけの記事の違いは何?
やっぱもらってる広告料の違い?
だとしたら「トップページの時点でPR記事だと書いとけ!そしたら最初から開かないからよ」って文句は言ってもしょうがないかあ。

1:匿名2017年4月 3日 22:41 | 返信

最近トカナの予言はことごとく外れており的中率0パーセント。
当然競馬の的中率も0パーセント。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。