>  >  > 全裸老人による狂気的ナイフ自殺の一部始終

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

ナイフ

,

全裸

,

出血多量

,

北原大悟

,

老人

,

自殺

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1703_oldmancommitsuicide_1.jpg
画像は、Maarten Van Damme / Murder's weapon on the table (from Flickr, CC BY 2.0)

 警察庁が今月23日に発表した「平成28年中における自殺の状況」によると、昨年の自殺者数の合計は21,897人。前年から2,128人減少し、22年ぶりに2万2,000人を下回る統計となった。しかし、自殺者数の減少はあくまでも一時的なものかもしれない。厚生労働省が今月21日に発表した意識調査では、「本気で自殺を考えた」という成人男女は23.5%と、2008年と2012年に行われた同様の調査に比べ、過去最も高い割合を記録している。そんな中、海外ショッキング動画サイト「GOREGRISH」には、自殺の決定的瞬間を捉えた映像が公開された。

 動画には、全裸の老人が床に立てたナイフを自身の胸部あたりに突き刺し、自殺する衝撃的な内容が収められている。四つん這いになった男性は慎重に狙いを定め、意を決しナイフに体重をかけていく。呻き声を上げ痛みに耐えつつも、上半身を前後に振りながらナイフを奥へ奥へと突き刺していく。ナイフが完全に体内へと消えると、男性は数秒の間大きく体を痙攣させ、静かに息を引き取った。


■老人の狂った自殺

 老人による狂気的な自殺行動は、ほかにも起きている。2015年10月にはナイジェリア・カノに住む78歳の男性が、公衆の面前で自らの喉元を掻き切って自殺した。事件現場に居合わせた住民らは、恐怖に目を背けることしかできなかったそうだ。

 また、2016年10月にもインド・トゥムクルで、75歳の男性が自ら性器を切断して自殺するという衝撃的な事件が起きている。近隣住民らの証言によると、自殺を図った男性は同居していた息子から精神的・肉体的な虐待を受けており、苦痛から逃れる手段として自らの生涯に幕を下ろすことを選んだという。男性は事件直後すぐに病院に搬送されたが、出血多量のためにそのまま死亡した。

 ナイフを胸に突き刺した男性が、なぜ全裸なのか、自殺の一部始終をカメラに収めようと思った理由とは何か――。この動画から、その真意を読み取ることはできない。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年4月 2日 23:11 | 返信

フェイクっぽい

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?