>  >  > スマホの“ながら運転”でロシア美女即死の瞬間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1703_girldiedbyaccident_1.jpg
画像は、「LiveLeak」より

 運転中の携帯電話の使用は、時に重大な交通事故を引き起こす要因になりかねない。2004年に行われた道路交通法の改正で、運転中の携帯電話使用に関する罰則が強化されたものの、スマートフォン(以下、スマホ)の普及に伴い携帯電話による事故は増加傾向にあるようだ。昨年10月には、人気アプリ「ポケモンGO」が原因の死亡事故も発生。トラックを運転していた36歳の男が同アプリに夢中になり、前方不注意で当時9歳の男児をはねて死亡させた。

 また、動画共有サイト「YouTube」には、大阪の公共バス運転手が走行中に「ポケモンGO」をプレイしている様子を捉えた動画も投稿され大きな問題となった。そして今回、動画共有サイト「LiveLeak」上に、“スマホのながら運転”が原因で発生した悲惨すぎる死亡事故の一部始終を収めた動画が公開された。

 事故が起きたのは、ロシア連邦・タタールスタン共和国の首都カザンだ。22歳の女性が、同国で人気のSNS「VKontakte」上でビデオチャットを楽しんでいる最中に悲劇は起きた。投稿された映像には、まず女性がハンドル越しに置いたスマホに向かって笑顔で話しかけたり、車内に流れる音楽に合わせて口ずさむ様子が映し出される。彼女が命を落とすことになったのは、スマホ画面に気を取られたほんの数秒の出来事だった。車内には「ガタガタッ!」と不気味な音が響きわたり、女性の焦った顔を最後に画面はブラックアウト。その後の映像には、大破した車と、フロントガラスが粉々にヒビ割れたバスの光景が。そして、女性は車の窓にもたれ掛かり、彼女の頭から流れた血がドアを伝い地面を真っ赤に染めている――。

 2015年7月、米国の通信会社「AT&T」が“スマホのながら運転”の危険性を訴える動画を「YouTube」に公開すると、その衝撃的な内容に多くの反響が寄せられた。些細なことが重大な事故につながる“ながら運転”。彼女の命が無駄にならないことを祈る。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

5:匿名2017年9月24日 20:23 | 返信

これほんもの?左から当たられたはずなのに、ぶつかる瞬間左を気にしてない感じだけど。

4:匿名2017年4月 6日 10:26 | 返信

スマホしてなかったんじゃないの?

3:匿名2017年4月 4日 03:29 | 返信

自滅するだけなら自業自得だけど、他人巻き込むのはだめーー

2:匿名2017年4月 2日 21:20 | 返信

どちらの過失度が高いの?

1:匿名2017年4月 2日 21:01 | 返信

後半は追突したトラックの運転手の映像かな?左ハンドルで運転してた女性が右側まで押し潰されてるんですね。ながら運転には気を付けましょう。。。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?