>  > 韓国人に振り回されるスイーツ業界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

台湾

,

日刊サイゾー

,

韓国

「台湾カステラ」もたちまちオワコン……熱しやすくて冷めやすい韓国人に振り回されるスイーツ業界の画像1

【日刊サイゾーより】

 熱しやすく冷めやすい韓国人の国民性が最も発揮されるのは、スイーツかもしれない。ここ数年、韓国ではタピオカ入りドリンク、はちみつソフトクリーム、いちご大福、チュロス、果汁ジュースなどが流行するも、程なくして消えていった。

 昨年は「台湾カステラ」が上陸。ふわふわした食感が話題を呼び、行列ができるほど大人気を博した。生地がしっかりめの日本のカステラになじんでいた韓国人にとって、台湾カステラの存在は目からウロコだったようで、3~4人前で6,000~7,000ウォン(約600~700円)というコスパの良さも、幅広い層に支持された理由だとか。

 しかし、上陸から1年もたたずに、その人気は冷めかけている。事の発端は、“台湾カステラの真実”を暴いた、とあるテレビ番組だ。

 3月中旬に放送されたその番組によると、チェーン展開している台湾カステラの多くの店舗で、大量の食用油や食品添加物を生地に入れていたという。「ふわふわ食感が実現できるのは、食用油を混ぜるため」だそうで、一部の店舗では「材料は小麦粉と卵のみ」と宣伝しながらも、食品添加物や賞味期限切れのクリーム、安い粉末ミルクなどを使っていたことが暴露された。

 放送後、視聴者からは「だまされていたのか」「台湾カステラも終わりだな」「好きだったけど、もう二度と食べない」といった怒りのコメントが相次ぎ、売り上げは9割減。閉店を余儀なくされる店舗も続出している。

 流行に乗っかって雨後のたけのこのようにチェーン展開し、人気低迷と共に次々と潰れていくのは、もはや韓国ではお決まりのパターンだ。

 ところで、台湾カステラ騒動によって、日本のカステラにも注目が集まっている。もともと長崎カステラは韓国でも有名で、ソウルに長崎カステラ専門店があるほど。また、長崎を訪れたら、文明堂や福砂屋などでお土産を買う人も少なくない。

 ネットでは、「台湾はダメだ。やっぱり“カステラ=日本”だよ」「食べ物に関しては日本の職人を信用するしかない」「日本のカステラは台湾より濃厚な味わいでおいしかった」といった声が寄せられている。

 日本のカステラが評価されるのはいいが、今後も韓国の飲食業界は、熱しやすく冷めやすい国民性に振り回されそうだ。
(文=S-KOREA)

●関連記事
・飽きっぽい国民性の意外なメリット!? 新しい味を求め続ける韓国のお菓子業界
http://s-korea.jp/archives/13366?zo
・日本以上に愛され仰天逸話も多い韓国の“スタバ事情”
http://s-korea.jp/archives/12037?zo

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。