>  >  > 病理解剖後の臓器標本が産業廃棄物に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

病理解剖後の臓器標本が産業廃棄物に!? 解剖学実習に用いられた遺体は、どのように火葬されているか?の画像1
病理解剖後の臓器標本が産業廃棄物に!?(http://jp.depositphotos.com)

 みなさんは「解剖学」という言葉から、どのような事柄を想像されるだろうか?

 解剖学と一括りに言っても、その内容は千差万別だ。筆者のように主に研究や教育を行う解剖学は、一般的に「解剖学教室」と呼ばれている。大学病院では、ほかにも解剖を行っている教室がある。

 一つ目は「法医学教室」だ。ここで行われる解剖は一般に「法医解剖」と言われ、テレビドラマなどでも取り上げられることがあるので、ご存知の方も多いだろう。ドラマの影響で「警察の捜査に参加している」と思っている方もいるかもしれないが、ここでは主に異常死をされた方々の死因の究明や、その方の死に至る過程を科学的に解明し、事件性の有無を調べたりもしている。

 二つ目は「病理学教室」だ。病気により変性した部位の確認をしたり、変化した生理機能を確認したりする、いわゆる「病理学」といわれる学問分野だ。主に検査や手術の時の検体を病理的な術式で確認して、その病因の解明に努めることが主な役割になる。また、患者さんが亡くなった場合に行われる解剖を「病理解剖」というが、これに関しても、数年前に連続ドラマになったのでご存知の方は多いだろう。

 このように一言で「解剖」と言っても、「解剖学教室」「法医学教室」「病理学教室」と、3種類の異なる解剖が存在する。

解剖学実習に用いられた遺体は、どのように火葬されるか?

 テレビ朝日系列で放送されているドラマ『科捜研の女』で、法医解剖を断固として拒否するという人のエピソードが描かれていた。このエピソードでは法医解剖された遺体の復元が主題となっており、ザックリと言うならば、いったん人体から摘出た臓器は元の位置に戻すのが難しいから細かくして詰め込んでおくというのである。

 この「摘出した臓器をできる限り元の位置に戻す」ということは、筆者自身の行っている肉眼解剖学の研究や授業で、学生に対して常々言っていることである。

 解剖学実習に用いられる遺体は、まずは葬儀の後に大学などで防腐処置をし、解剖実習までの半年から数年間、保管される。実習終了後は、場合によって一部の臓器を標本や研究のために保管することがあるが、多くは火葬となる。

 ちなみに、解剖学実習に用いられる遺体についてのアルバイトが、昔から都市伝説のようにチラホラと言われているが、そのようなアルバイトは現在は存在しない。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。