>  >  > 【シリア空爆】サリンで殺された子どもの悲惨な死体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

※2頁目に衝撃的な画像と動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

 アサド政権と反体制派、そして過激派組織「イスラム国(IS)」やクルド人勢力、さらに背後で戦闘を支援する欧米やロシア、そして中東各国の思惑も絡み、混迷を極めているシリア内戦。戦闘開始からすでに6年が経過し、シリア人権監視団の発表によると死者総数は32万人以上、かつて“中東でもっとも美しい”とされた同国は壊滅状態に陥っている。しかし、またもシリアの平和を遠ざける悲惨なニュースが飛び込んできた。なんと戦闘において、あの毒ガス“サリン”が用いられ、多数の子どもたちが犠牲になっているというのだ。

sarin_1.jpg
画像は「The Daily Mail」より

■青ざめ、泡を吹き、目を見開き…! サリンで殺された子どもたち

 中東アルジャジーラをはじめとする各国メディアの報道によると、反体制派が支配するシリア北西部イドリブ県ハーン・シェイフーンにおいて今月4日早朝(現地時間)、アサド政権による空爆が行われ、多数の市民が犠牲になったという。しかしその後、爆撃を生き延びた市民らが次々と口から泡を吹き、窒息や失神の症状を示して命を落とすという化学兵器攻撃を思わせる状況が発生。現地の医師は、米CNNに対し「病院に125人ほどが搬送されたが25人がすでに死亡した。7割から8割が子どもと女性だ」と語っている。

sarin_2.jpg
画像は「The Daily Mail」より

 犠牲となった子どもたちの遺体写真からは、毒ガスにより壮絶な最期を迎えたことが一目瞭然だ。みな一様に青ざめて苦しそうに開口し、目を大きく見開いている者もいる。今回の空爆による死者は、最終的に100人を上回り、負傷者も400人を超えた模様だ。

 事態を受け、国連安全保障理事会は5日午後(日本時間)に緊急会合を開くことを決定。各国から空爆を非難する声が上がっている。なお、シリア軍は化学兵器の使用を否定しているが、米政府関係者がロイター通信に語ったところによると、「アサド政権が毒ガスのサリンを使用したのは“ほぼ確実”」だという。今後、アサド政権とその背後にいるロシアに批判が集まることになるだろう。

sarin_3.jpg
画像は「The Daily Mail」より

■“国の未来”を殺したシリアのアサド政権

 1995年にオウム真理教が起こした同時多発テロ事件によって、その名が日本人の脳裏に深く刻み込まれたサリンは「化学兵器禁止条約」によって、開発・生産・保有が未加盟の4カ国を除き世界的に禁止されている。この猛毒が人体に作用するメカニズム、またその誕生と使用の歴史など、ナチス・ドイツやイギリスも絡む“サリンの闇”についてトカナはどこよりも詳しく報じているため参照してほしい。

VXガス、サリン… 殺人神経ガスを徹底解説! 背景にナチスと殺虫剤と謎の研究所!【ググっても出ない毒薬の手帳】
【VX・サリン】英国が封印した悪魔の「人体実験」で毒性検査!? 神経ガスの歴史と仕組みの全貌

sarin_4.jpg
画像は「The Daily Mail」より

 2013年に化学兵器の廃棄に応じたものの、その後も塩素ガスなどによる攻撃を続け、ついに今回、自国民に対してサリンを撒くという暴挙に出たアサド政権。その残虐さは「イスラム国」(IS)と同等、いや、それ以上なのかもしれない。犠牲となった子どもたちは、いつかシリアを立て直す「国の未来」そのものだったはずだ。いかなる理由があろうとも、正当化される行為ではない。
(編集部)

※次頁に衝撃的な画像と動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

6:匿名2017年4月10日 09:45 | 返信

裸の人が多いのは服から肌についたサリンを少しでも落とすために救急隊や一般人が
ホースで水かけした後だからだよ

5:匿名2017年4月 6日 09:36 | 返信

一体何人ころ せば気がすむのか

4:匿名2017年4月 6日 07:18 | 返信

何で裸の人がいっぱいいるんだろ?
追いはぎ?

3:匿名2017年4月 6日 02:50 | 返信

神とは

2:匿名2017年4月 6日 01:40 | 返信

まじで人間界に悪魔たくさんきてんじゃないの?

1:匿名2017年4月 5日 21:13 | 返信

写真に出展は付けてますが、スクリーンのキャプチャー画像を使うのもニュースサイトとして悪質だと思いますが、どう思っていますか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?