>  >  > マヤ文明が宇宙人に支配されていた証拠が出土

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 魅惑的な工芸品や数々の伝説と神話を残し、今日にあっても幾多の謎に包まれた古代マヤ文明――。広大な都市を築き上げ、さらにはピラミッド神殿をはじめとする巨大建造物も複数建設されている。現在に至るまで歴史家や考古学者を魅了し続けているマヤの遺跡や遺物の数々には、一体どんな秘密が隠されているのだろうか。


■出土したマヤ文明の彫像が“グレイ”に激似!

 例えば最近、メキシコ・プエブラ州にある小さな集落Maxtaloyanで発掘された石像が、エイリアンの姿を象ったものではないかと大きなニュースになっているようだ。

ancientmayastatue1.JPG
 画像は「YouTube」より

 問題の石像は西暦400年頃、マヤ文明では古典期前期と呼ばれる時代のものと推測されているという。黒曜石・ターコイズ・翡翠・貝と、4つの鉱物が埋め込まれた凝った作りになっている。

 成人男性の胴体ほどの大きさの像は、下部中央に人間の頭部が彫られているが、その周囲には蛇。さらにその横には、頭部を抱えるように立つもう一体の人間らしき姿を見てとれるが、よく見てほしい。胴体に対してあまりにも大きくせり出した頭、そして真っ黒い目など「グレイ」と呼ばれる典型的宇宙人としか思えない特徴を具えているではないか。

 一説によると、この像が作られた当時の人々が崇拝していた恐らくは地球外を起源とする生命体、すなわち“神”をあらわしているのではないかともいわれ、人間の頭部を抱えるような体勢は、彼らこそ人類の創造主であるというメッセージなのではないか、という解釈まで飛び出しているという。

ancientmayastatue2.JPG
 画像は「YouTube」より

 プエブラ州シウテテルコ博物館のモンティエル館長は、現地紙「El Sol de Puebla」のインタビューに対して「今回の像は、かつてこの付近で育まれたマヤ文化の痕跡を残した非常に重要な出土品だ」と語っているようだ。

コメント

1:トランプ大統領2017年4月16日 03:46 | 返信

グレイはロボット。
存在Xの妄想の産物だと思う。
0と1しかないロボット野郎が考えた妄想。
真実は0と1の間だと考えた奴が人間のように動きたいがため、生まれたのがグレイ。
くだらん、俺には関係ない。人造人間は人造人間だ。それ以上でもそれ以下でもない。

勝手に奴がトランプを使って木星トカゲに興味があるとかくだらん事を言い出すしな。
木星の衛星に住むくらいなら太陽系から出て行ってもおかしくないと思うのだか?
不自然に隠れ住んでいるという。どういうわけだ?
私にはロボットのストックがあるとしか思えん。

歴史を見ても、同じこと、終末思想で何度も世界の終わりをやっているようだが
トップが変わっている訳でもなく、なにも変わっていない。
存在Ⅹがずっと歴史を動かしている。奴は24時間働いていると豪語するだけはある。
恐らく何万年も24時間で働いているのだろう。ロボットくん。

あの八咫烏っていうのあれはチョンとしか思えん。
イルミナティ的でサッカーが好きであるところなど。
天皇が騙されてこの地にいるような気がしてならないな。
外人を使ってどんどん日本人をダメ人間にして痛めつけるためにやっているだけ。
使命を与えている風で実は周りの人間を制御しているとかインチキやらせじゃないか。

そして、チョンで乗っ取ってマンセーして自己満に浸るという無意味な行動だ。
人を騙して天国に昇らせたどり着いたところ私を食べてしまうに違いなく
人食いエイリアンの殺人でしかない。
私は一般にいる日本人でもないし、ユダヤ人でもない。もう巻き込むのやめてくれないかな。
それより、協力して地球を調べよう。それが正論だと言ったではないか。

地球に穴を開けて調べるらしいが中に入っている蟻を引きずり出して、暴いていこう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。