>  > フィスト・ファックから公開出産まで…
“性器”の大傑作!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

カリギュラ

,

天野ミチヒロ

芸術が融合した性器の映画!! フィスト・ファックから公開出産まで!! 出演者が騙されて(!?)出演した映画『カリギュラ』がヤバすぎるの画像1
※イメージ画像:『カリギュラ 【制作35周年記念インペリアルBOX】初回限定生産 4枚組(Blu-ray)』

『カリギュラ』
1980年、イタリア・アメリカ合作
監督/ティント・ブラス
脚本/ゴア・ヴィダル
出演/マルコム・マクダウェル、ピーター・オトゥール、ヘレン・ミレンほか

 暴君だった3代目ローマ皇帝を描いた『カリギュラ』は、アカデミー俳優やシェイクスピア女優らが出演した製作費46億円の超大作だ。だが撮影中からトラブルは絶えず、脚本家はスタジオ出入り禁止で監督はクビ。公開すればイタリアで上映禁止になり、出演者たちも「こんな映画に出たつもりはない」と訴え始める始末。いったい何があったのか?

 製作総指揮は、成人男性誌『ペントハウス』の創刊者ボブ・グッチョーネ。エロ本で巨万の富を築いたグッチョーネは、超一流の俳優でポルノ映画を撮ってみたくなった。カリギュラ役には、スタンリー・キューブリックの名作『時計じかけのオレンジ』(71年)の主役マルコム・マクダウェル。以下『アラビアのロレンス』(62年)で英国アカデミー主演男優賞のピーター・オトゥール。シェイクスピア女優にして、2006年に『クィーン』(エリザベス2世役)でオスカーを受賞したヘレン・ミレン。イギリスの名優ジョン・ギールグッドと、錚々たるキャスティングだ。

 脚本は性倒錯者を描いた小説で有名な、バイセクシャルのゴア・ヴィダル。監督はイタリア・ポルノ界の帝王ティント・ブラス。だが1977年にクランクインすると、この2人にトラブルが発生した。ブラス監督に脚本を7回も書き直しさせられ頭にきたヴィダルは、『タイム』誌のインタビューで監督批判をしてスタジオ出禁になった。そのブラス監督も、のちにグッチョーネからクビを切られ訴訟に発展する。

 そして全撮影の終了後、グッチョーネは「他の映画の撮影でメイキングの類いだよ」とブラスを煙に巻き、自らメガホンを執り同セット内で撮影を始めた。アメリカから『ペントハウス』のグラビア嬢を13人呼び寄せ、男女の陰部や結合部のドアップなどを追加撮影。それをブラスが撮ったフィルムに強引に挿入したのだ。出演者にも内緒で……

あらすじ

 2代目皇帝ティベリウス(ピーター・オトゥール)統治下の退廃したローマ帝国。史実に忠実に奴隷役の男女は全裸で、服を着ている俳優も全員ノーパン・ノーブラで、動くたびにヒラヒラ衣装から「具」がチラチラ見える。初代皇帝のひ孫カリギュラ(マルコム・マクダウェル)は、実の妹ドルシラとセックス三昧の楽しい日々を送っていた。

 ある日カリギュラは、ナポリのカプリ島で療養している皇帝から呼び出される。島の様子は異様で、皇帝はプールで全裸の美男美女と戯れ、ケンタウルス(人馬)みたいな男や2つの顔が融合した三つ目女などのフリークスを集め、あちこちで男女がさまざまな性行為に及んでいる。2代目皇帝は自分の孫を後継者に擁立しようとカリギュラの毒殺を企むが、逆に彼の忠臣である親衛隊長マクロによって絞殺されてしまう。

 晴れて3代目ローマ皇帝の座に就いたカリギュラ。その愛人でもある妹のドルシラは、カリギュラに要所で的確なアドバイスを送り、オモチャ(権力)を与えられた子供同然の兄を陰で支える。カリギュラは妹にはメロメロなので何でも言うことを聞く。このドルシラ役のテレサ・アン・サヴォイは決して美形ではないが、女子学生のような童顔にそぐわぬ大胆な濡れ場(何もかも丸見え)に私は萌える。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?