>  >  > 愚者タイム(セックス後の憂鬱)が存在する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 男性諸氏ならば誰もが経験していることとして、射精後にブルーになる瞬間がある。俗に「賢者タイム」と呼ばれたりもするが――。


■セックス後の憂鬱、PCDとは?

 射精が終わった瞬間から大脳にオキトシンやセロトニンなどが分泌され、性欲萎縮状態に陥り瞬間的な気分の落ち込みや眠気が襲ってくる。近ごろは、これは女性にも広く認知されつつある現象であり、生理学的にも解明されていることだが、今回の「セックス後の憂鬱」は、これとは別の話である。

 医療系オンラインジャーナル「Medical Daily」にレポートされている「セックス後の憂鬱」は、男性よりも女性が陥りやすい情緒不安定状態のことであり、ポスト・コイタル・ディスフォリア(PCD)と呼ばれる症状を指している。

postcoitaldysphoria1.JPG
 「Medical Daily」の記事より

 セックスにおけるオーガズムは、動物としての人間が脳で感じられる最もハイな感覚のひとつであるが、そのハイな状態の直後から、悲しみや不安、抑鬱感や孤独感にさいなまれ、メランコリックになったり、時には攻撃的なったりする症状がある。日本語としては性交後の情緒不安定とも呼ばれる症状であるが、これはパートナーとの愛情や絆の深さに関係なく起こる症状で、調査によると約半数の女性が経験しているという。

 今回、この症状についてオーストラリアのクイーンズランド工科大学の調査チームがまとめた研究発表によると、この症状は女性にとどまらず男性にもおこりうる精神症状のひとつということである。

 生理的、精神的、いずれの両側面からも、このPCDが引き起こされる原因の確定こそはされていないが、調査チームを引率するロバート・シュバイツァー教授によれば「男性、女性ともに性交後の情緒不安定に陥るケースが少なくはないという事例証拠が多くある」とのこと。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。