>  >  > ジミヘンの銅像で心霊現象連発、住民パニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 オルタナティブニュースサイト「Disclose.tv」は、イギリスのワイト島に建立されたジミ・ヘンドリックスの銅像に起こる怪奇現象を伝えている。


■ジミ・ヘンドリックスの銅像から夜な夜な奇怪な音声が!

 死後47年経った今なお語り継がれる伝説のギタリスト――ジミ・ヘンドリックス。だが、彼の銅像がイギリスのワイト島に佇むことを知る者は少ない。

 ここは、ポーツマスからフェリーで30分のリゾートアイランドとして昔から親しまれてきたが、その名を一躍世界に轟かせたのは、1970年の夏、当時イギリス最大の音楽祭として行われた「ワイト島ポップ・フェスティヴァル」だろう。

statueofjimihendrix1.JPG
ワイト島のジミ・ヘンドリックス像 画像は「Wikipedia」より

 このロック史の金字塔ともいえるカウンターカルチャーフェスで、8月30日、ジミはオーディエンスを釘付けにする鬼気迫る演奏を披露した。しかし、そのわずか19日後、ロンドンのホテルで謎の死を遂げてしまう。享年27歳。つまり、この野外ライブが、ジミの生前最後のパフォーマンスになってしまったわけだ。そして2006年、彼の音楽における功績をたたえ、この地に実物大の銅像が建てられたという。

 ここまでは、島民らによる“村おこし”的熱意が伝わる美談だが、話はコレで終わらない。

 実は、今月に入ってから妙な噂が立ち始めている。夜な夜な奇怪な曲が、ジミの銅像辺りから聞こえてくるというのだ。この話題を耳にした彼のファンやゴーストハンターたちが島を訪れ、音源を録音しようと躍起になっているが、今のところ不発に終わっている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。