>  > アサド政権の化学兵器使用は米による自作自演か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
Tomahawk.jpg
画像は「abc NEWS」より引用

 米軍は4月7日、内戦の続くシリア・ホムス県のシャイラト空軍基地に60発のトマホーク巡航ミサイルを発射、うち59発が目標に着弾したと発表した。今回の攻撃は、シリア北西部で4日、同国のアサド政権が条約で禁じられているはずの化学兵器を使用したとされる疑惑への対抗措置だ。

 日本では、安倍首相が米政府への支持を表明し、各大手メディアでも米国寄りの主張が目立っている。しかし今、世界各国の陰謀論者の間では「4日のアサド政権による化学兵器使用疑惑は、米国もしくはシリア国内で活動する(米国寄りの)反体制派による自作自演ではないか?」という指摘が巻き起こっている。その理由を詳しく見てみよう。


■すべてはアサド政権を攻撃するためにアメリカが仕組んだこと?

 自作自演説の火付け役は、ロシア国営通信「スプートニク」が5日に報じたシリアの国会議員ハリド・アブド氏のコメントだった。なんと彼は、声を大にして次のように主張しているのだ。

「先日の化学兵器による攻撃は、アサド政権を非難する目的で実行されたのです。これは、西側諸国がアサド政権に圧力をかける際の手段なのです」

 つまり、西側諸国が自ら化学兵器を使用しておきながら、アサド政権の仕業であることにして、シリアを攻撃する口実を作っているというのだ。そして、このコメントに歩調を合わせるかのように、ロシア外務省も次のように発表している。

「今回の米軍によるミサイル攻撃は、4日に起きた化学兵器によると思しき空爆よりも前から計画されていたことは明らかだ」

コメント

1:匿名2017年4月24日 09:59 | 返信

トランプはシオニストに屈服してしまったな。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。