>  >  > 愛憎の果て? 息子を襲う母親たち…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

児童虐待

,

強姦

,

性犯罪

,

性的虐待

,

近親相姦

 残念ながら、どれだけ人々が近親相姦やそれに伴う強姦・性的虐待と闘っていても、事件となってしまったケースは世界中から数多く報告される。今年も新年を迎えてからたったの1カ月程で、ある性的虐待事件が大きく報道された。


Screenshot_2.jpg
ケリー・リン・サウス「NX2」より引用

 アメリカはケンタッキー州、ルイビル在住の女(40)に、性的虐待・近親相姦・反社会的性行の罪で懲役16年の判決が言い渡されたというものだ。女の名前はケリー・リン・サウス、逮捕当時は38歳。なんと彼女の性の対象は自分の産んだ、まだ幼い息子だった

 サウスは2015年10月に逮捕されるまで、約3年間に渡り息子にオーラルセックスをしていたという。虐待が始まった当時、息子はまだ4歳。おおよそ身長100cm前後の幼児の下半身に母親が覆いかぶさっていた事実に、多くの人間が激怒した。

 当然、ニュースサイトのコメント欄に寄せられた意見も辛辣なものがほとんどである。

「こんな女は絶対に外に出すな!」
「狂ってるだろ」
「こういうやつの顔と名前はどんどん晒せ!」

 こんな怒りの声が集まったが、その中にこのような意見も投稿され、多くの同意が集まっていた。

「女にも近親相姦・性的虐待をやらかす奴がいる」

 性的虐待の加害者は男性であることが多く、それは世界中で顕著な傾向だ。だが、数は男性ほど多くないものの、女性にも近親相姦に伴う性的虐待の加害者がいるという現実を、どれだけの人が認識しているだろうか?

 イギリスの有力紙「The Telegraph」(3月7日付)によれば、女性による性犯罪は我々の想像以上に多く報告されているという。一般的に女性は男性と比べ「弱い性」、または男性の性欲の被害者なる存在として見なされやすい。しかし、イギリスの児童保護活動団体「NSPCC」によれば、2004年~2009年の間にチャイルドライン(子供のための電話相談)に寄せられた女性による性的虐待は以前と比べ、なんと132%も増えているそうだ

f07fed33f445de3d8613a207d6536691_s[1].jpg

 結局、男でも女でも自分の子供に手を出す人間がいる、ということになるが、男性と比べ、件数が少ないとされる女性の性犯罪の動機には一体どのようなものがあるのだろう。過去の事例から4つ挙げてみよう。

関連キーワード

コメント

2:匿名2017年4月24日 11:01 | 返信

願望だけで言えばそりゃそうだ
男だって多くはレイプ願望、ロリコン趣味があるけど当たり前だが表には出さない
人間には理性があるから

1:匿名2017年4月23日 00:31 | 返信

だけど、小さな子の性器にキスするって、すくなくても願望自体は珍しくない気もする。子どもに傷を負わせちゃいけないけれど。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?