>  >  > 浅田真央引退のウラに心霊現象!? 友人が暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
Maochan.jpg
ジュピター(浅田真央プロデュース)』(ウィステリアプロジェクト)

 ついに現役引退を表明したフィギュアスケート女子の浅田真央(26)。2010年のバンクーバー五輪で銀メダルに輝き、世界選手権を3度も制した銀盤の女王も、さすがに年齢には勝てなかった。

 宮原知子(19)や三原舞依(17)ら若手が台頭する中、昨年12月の全日本選手権では自己ワーストの12位。12日、都内で行われた引退会見で真央は「得点を見た時、もういいんじゃないかと思った。決断に至るにあたって、1つの大きな出来事だった」と全日本の結果が、スケート靴を脱ぐ決定打になったことを明かした。

 真央の競技人生を充実させると同時に、足を引っ張ったのが自身の代名詞でもあるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)だったことは論をまたない。

「体の線が細かった10代のころは、そりゃあ跳ぶことはできるよね。世界で数人しか出来ない中で、高得点を稼いだのは間違いない。でも、大人の女性の体つきになって、骨格も大きくなればジャンプの軸も変わるから、跳べなくなる。でも、真央はトリプルアクセルにこだわり続けてしまった。それが復活の可能性を潰した原因の1つになったのは間違いないよ」(フィギュア関係者)

 なぜ、真央がここまでトリプルアクセルに執着したかというと、亡くなった母の匡子(きょうこ)さんと一緒に練習してきた思い出のジャンプだからだ。

「匡子さんは超厳しいスケートママ。真央が小学生のころから毎日、付きっ切りで練習してきました。中でもトリプルアクセルは何千回もやってきて、とてもハードな内容だったはず。でも、一流のトップスケーターにしたいという愛情が伝わってきたので、真央はつらくてもやり続けた」(別のフィギュア関係者)

 バンクーバー五輪をピークに絶不調に陥った真央は、トリプルアクセルも跳べなくなったが、それでもお構いなしに何度も練習していたという。実はこれには、真央なりの根拠があった。

ジュピター(浅田真央プロデュース)

ジュピター(浅田真央プロデュース)

真央ちゃん、おつかれさまでした!

コメント

2:匿名2017年4月19日 11:12 | 返信

今は《真ジャンプ時代》と言われ始め 難易度が上がっている
無理して故障で選手生命断たれたら
引退後に プロ転向すらできなくなるしな

「教科書」といわれたKY選手とは対照的に
真央ちゃんは 世界中の若手選手達に多大な影響を与えたし
尊敬される先輩でいられるうちに引退
一番いいタイミングだと思う

1:匿名2017年4月14日 11:16 | 返信

トリプルアクセルの話題になると
写真たてが倒れるというのは
「やめろ」と言ってたんじゃないの?
それこそ選手生命にかかわるから。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。