>  >  > 南極大陸の「氷山に擬態したUFO船」がグーグルアースで発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
1704_strangeiceberg_1.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 科学技術が飛躍的な進歩を遂げる中、未だに未開の地が残る南極大陸。謎多きこの土地に関連した奇妙な逸話もいくつか存在する。中でも地球の内側にもう1つの巨大内部世界が存在するという“地球空洞説”は、有名な一説だろう。この伝説が初めて提唱された1692年から250年近くが経過したが、1946年に当時の米国海軍少将リチャード・バードが、「南極大陸探検を目的とした『ハイジャンプ作戦』実施中に地底世界に迷い込み地底人と遭遇した」と証言し、この説の支持者が拡大した。

 また1967年には、米国気象衛星「ESSA-3」が北極と南極にできた巨大な穴の撮影に成功。ほかにも南極大陸上では奇妙な大穴がいくつも発見されており、これらの巨大な穴は地底国として知られる「シャンバラ(アガルタ・アルザル)」へ通じる穴だと主張する者もいる。そんな中今月11日に、奇妙な物体が南極大陸の海岸沿いで発見された。

1704_strangeiceberg_2.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 4月11日の英国ニュースサイト「Daily Mail」によると、南極大陸の海岸沿いに長さ500mに及ぶ巨大な物体が浮かんでいるのを、UFOハンターらが「Google Earth」上で発見。大きな氷の塊に見えるその物体は、地球外生命体の基地だとも言われている。UFOに関するニュースを掲載しているウェブサイト「UFO Sightings Hotspot」の記者は、自身を氷山の専門家ではないとしつつも、「この物体の形状は奇妙なばかりか、氷山を模した船のようにも見える」とコメントした。


●通常の氷山は、下記のかたちのどれかに分類されるという

1704_strangeiceberg_3.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 「UFO Sightings Hotspot」の記者によれば、氷山は主に平らか、そうではないかの2種類に分類されるそうだが、今回発見された氷山は非常に異質な形を成している。中にはこの奇妙な形をした氷山が、一般的な氷山のどれにも属さないと主張するUFOハンターらもいる。

 多くの人間が足を踏み入れない南極大陸は、地球外生命体の恰好の隠れ家だといえるだろう…。
(文=山下史郎)


参考:「Daily Mail」、ほか

コメント

4:匿名2017年4月16日 18:03 | 返信

氷に擬態して、ufoとか画像もっているけど、出版社とかに相手もされなかったな。こんな画像レベルが低いわ。

3:匿名2017年4月16日 18:01 | 返信

氷に擬態して、ufoとか画像もっているけど、出版社とかに相手もされなかったな。こんな画像レベルが低いわ。

2:匿名2017年4月16日 16:07 | 返信

図の①そのものにしか見えない。

1:taka2017年4月16日 09:25 | 返信

おっ、擬態シリーズ再開だね♪
こんどは地球人に擬態した宇宙人として、山ちゃんの写真をリクエスト!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。