>  >  > 子供を虐待しながら看病もする母親

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

gyakutai0418.jpg
「代理ミュンヒハウゼン症候群」とは?(http://jp.depositphotos.com)

 子供に対する虐待による傷害事件や死亡事件が増えている――。

 厚生労働省によれば、心中以外で虐待死した児童67人の4.5%に当たる3人が、子供を故意に病気に陥らせる「代理ミュンヒハウゼン症候群」によって死亡している(厚生労働省:子供虐待による死亡事例等の検証結果等について第6次報告)。

 たとえば、1998年、福岡県久留米市で、1歳半の女児が20代前半の母親から大量の抗てんかん剤と1日2ℓ以上もの水を飲まされ、重篤な意識障害や水中毒による低ナトリウム血症に陥った(同前)。

 また、2008年、京都大学医学部附属病院の病室内で、1歳の女児につながった点滴に注射器で腐敗した飲み物を混入した母親を殺人未遂容疑で逮捕。女児の血液中から4種類の細菌、尿から有機化合物が検出されたため、傷害と傷害致死で起訴後、懲役10年の判決が下った(「週刊金曜日ニュース」2016年3月30日)。

 さらに、2017年、1歳8カ月だった娘に血糖値を下げるインスリンを投与して傷害を負わせた容疑で、大阪府高槻市の母親(21歳)が逮捕された(「毎日新聞」2017年3月26日)。

 このような代理ミュンヒハウゼン症候群はなぜ起きるのか? そもそも代理ミュンヒハウゼン症候群とは何か?

周囲の関心を引き寄せるために傷害や病気を捏造し精神的満足を得る

 代理ミュンヒハウゼン症候群は、故意にかつ意識的に病気の症状を詐病する虚偽性障害の「ミュンヒハウゼン症候群」の一形態だが、傷害対象は自分ではなく、子供や要介護者などの身近な代理者に向う。傷害対象が子供や要介護者であるため、児童虐待、高齢者虐待、障害者虐待に当たる。

 母親に多く見られる代理ミュンヒハウゼン症候群は、「自分に周囲の関心を引き寄せるため」に傷害や病気を捏造し、傷害対象を子供や要介護者などの身近者に代理させて陶酔感を味わう。つまり、子供を世話・介護することによって、自分と子供との過剰な依存関係に自分の存在価値を見出しつつ、精神的満足を得る共依存という精神障害(ナルシズム)だ。

 アメリカでは、年間で約600〜1000件の代理ミュンヒハウゼン症候群の発症が見られ、増加傾向にある。患者の約25%はミュンヒハウゼン症候群の既往症があった患者だ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。