>  >  > 「アルカトラズの心霊写真」取材で真相判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
AlcatrazNPS.jpg
画像は「National Park Service」より引用

 アルカトラズ島――それは、米カリフォルニア州サンフランシスコ湾に浮かぶ面積わずか0.076平方キロメートルの小さな島だ。1934~1963年の間、島全体がアメリカでもっとも凶暴な犯罪者を収容するための連邦刑務所として使用されていた。歴代の囚人リストには、あのアル・カポネやジョージ・“マシンガン”・ケリー、アルヴィン・“クリーピー”・カーピス(ともにマフィアや殺人鬼)らが名を連ねる、まさにアメリカの裏社会と凶悪犯罪の歴史を象徴する場所だ。


■謎と恐怖に満ちたアルカトラズ刑務所

AlcatrazHistory.jpg
画像は「ヒストリーチャンネル」より引用

 世界にその名を轟かせるアルカトラズとは、どれほど特殊な刑務所なのか? そして、“決して脱獄することができない”と謳われたこの島からの脱走に成功した囚人たちの“知られざる事実”とは――?

 今回トカナは、これらの謎に新たな調査をもとに迫った番組『驚愕の真実! アルカトラズからの脱出』が「ヒストリーチャンネル 日本・世界の歴史&エンタメ」(スカパー!やケーブルテレビなどで視聴可能)で4月に放送されるのに合わせて実際に現地へと向かい、編集部自ら徹底取材を敢行。前編では、そこで判明した驚きの真相を報告した。

前編:伝説の脱獄囚3人組は今も生きている!? 「アルカトラズ刑務所」からの驚愕の脱出法が判明!

 しかし、アルカトラズにやって来た編集部には、もうひとつ果たすべきミッションがあった。それこそが、この島にまつわる心霊現象の謎を探るという前代未聞の挑戦である!


■アルカトラズの心霊写真「面会窓の黒い女」

 現在は歴史地区として国立公園局の管理下にあり、一般にも公開されているアルカトラズ刑務所。しかしその一方で、ここはアメリカでもっとも超常現象に出くわす全米屈指の心霊スポットとして人々から恐れられる場所でもあり、元職員たちの不思議な体験談も数多く残されているのだ。そして近年、とりわけ大きな話題となったのが、2014年に発生した「面会窓の黒い女」事件である。まずは、同年6月に(トカナを含む)各国のメディアによって報じられ、全世界を恐怖のドン底に陥れた問題の写真をご覧いただこう。

コメント

2:匿名2017年4月16日 06:58 | 返信

転載ばかりじゃなく、ちゃんと取材をして検証したら、毎回このようないい記事が書けるのに……

1:匿名2017年4月15日 22:44 | 返信

心霊写真と同じアングルと色調で人物が写るかまで試してほしかった

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。