>  >  > 伝説の金属「オリハルコン」がついに発見される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 幻の古代金属「オリハルコン」のインゴットが大量に発見されたとのニュースが飛び込んできた! 古代アトランティス大陸に存在したといわれる幻の金属の正体は一体何だったのだろうか?


■オリハルコンの成分が判明?

伝説の金属「オリハルコン」がついに発見される! 含有成分も判明、アトランティス大陸産の可能性も浮上!の画像1
画像は「Seeker」より引用

 オリハルコンの存在は、ギリシア哲学者プラトンが著した『クリティアス』で言及されて以来、かつてアトランティス大陸で作られていた幻の金属として人々の想像力を掻き立ててきた。ゲーム「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」をプレイしたことがある読者なら聞き覚えがあることだろう。

『クリティアス』によれば、アトランティス大陸においてオリハルコンは金に次ぐ価値を持つ希少な金属だとされ、これまで真鍮や銅のことではないかと推測されてきたが、具体的な成分はアトランティス大陸の滅亡とともに失われてしまったといわれている。それが発見されたとなれば、伝説の大陸アトランティスが現実に存在する可能性もグッと高まるため、考古学的にもオカルト的にも極めて重要な金属といえるだろう。

伝説の金属「オリハルコン」がついに発見される! 含有成分も判明、アトランティス大陸産の可能性も浮上!の画像2
発見されたオリハルコンらしきインゴット「News.com.au」より引用

 そして2015年、イタリア・シチリア島ジェーラの海岸から300メートル離れた海底30メートルに沈む2600年前の貿易船から、ついにオリハルコンらしき金属のインゴットが発見されたのだ。科学ニュースサイト「Live Science」(2015年1月7日付)の報道によると、発見に携わった地元海洋局のセバスティアーノ・トゥーザ氏も伝説の金属かもしれないと興奮気味に語っていたという。

 その後、イタリアの科学技術系企業「Technologies for Quality」が成分を分析したところ、75~80パーセントの銅、15~20%の亜鉛、わずかなニッケルと鉛と鉄が含有していたことが判明し、これでオリハルコンを巡る長年の謎が解決したかと思われた。

コメント

2:トランプ大統領2017年4月19日 23:24 | 返信

そのオリハルコンで武器や防具を作って戦えということか?TVゲームじゃあるまいし。

ヘラクレスの私といえども宇宙人の殺人ビームには敵いません。

ゴルゴ13もサイボーグやエイリアンと戦うことを想定していないでしょ?

いつから、宗教がスターウォーズに変わったのか?わからないが

私の生き血をすするチュパカブラのレプティリアンに戦いを挑むには

それ相応の武器と防具と乗り物と搭乗型のロボットスーツ等(小型モビルスーツ)と

戦闘補助の洗脳されないMYロボットか洗脳されない同類の人間が必要。

奴の居場所を特定し、防御網を突破すれば

同じ行動しか能のない存在Ⅹを仕留められるかもしれん。

その前に、この地球にいる日教組や外国かぶれの田舎者を核兵器や毒ガスで始末出来ないようでは

到底、たどり着けない。

それとチュパカブラはオオカミの亜種だし、青い目の黒い犬だし

目撃情報と全然違う。なめとんのか?こら!お前らごとあの世に送ってやりたい。

1:匿名2017年4月18日 01:43 | 返信

オリハルコンは実は、日本のある無人島の海底深くに沈んでるそうですよ
日本は必要に応じて使用してきたそうです  この話本当か知りませんが、ある人が言っていました

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。