>  >  > 【閲覧注意】スーツケースから血みどろ死体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1704_wifeshotshusband_1.jpg
画像は、「hindustantimes」より

 2016年6月、東京湾へと注ぐ京浜運河に浮かんでいた黒いスーツケースが回収された。船で近くを通りがかった男性が発見した高さ70cm・横50cm・幅30cmのスーツケースには、腰を折り曲げられた状態で中国籍の女性の遺体が詰められていた。そして後日、殺害された女性の夫が警察に出頭し、逮捕されている。このように日本でも残虐な事件が起きているが、海外ショッキングニュースサイト「Best Gore」によると、今度はインド・パンジャーブ州で、40歳の男性の遺体がスーツケースの中から発見されたという。

 この痛ましい事件を招いた要因は、ある裕福な家庭における夫婦間の不仲だったと報じられている。結婚生活が12年を過ぎたある日、妻は夫を銃で殺害した。その後、彼女は自身の母親と兄弟の力を借りて夫をスーツケースの中に詰めると、遺棄するためにタクシーを呼んだ。しかし、これが彼女の命取りとなる。運転手が、渡されたスーツケースの異常な重さを不審に思いつつも車へと運ぶ最中、一滴の血が指を伝ったのだ。彼は、あまりの恐怖に急いで警察に通報したという。

 すぐに駆け付けた地元警察は、スーツケースの中から夫の遺体を発見。その頭部には弾痕も確認され、妻と犯行の手助けをした母親と兄弟は逮捕された。妻は法廷で夫の金遣いの荒さを訴え、今回の犯行は家計を守るためのれっきとした“正当防衛”だったと主張している。


■娘の死を受け入れられず遺棄した家族

 また今月6日には、イタリア東部リミニ県の沖合で発見されたスーツケースからも女性の遺体が発見されている。警察の調べによって、女性は遺棄される数日前に餓死していたことが判明している。娘の死後、ショックを受けた母親が、我が子の遺体をスーツケースに詰めて海に捨てたという。

“金の切れ目は縁の切れ目”という言葉があるが、インドで起きた事件はまさに言葉通りの犯行となった。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年4月18日 07:18 | 返信

相変わらずこのtocanaってサイトはアフィばっかりでわざわざ2ページでウザいなw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?