>  >  > 首都直下地震で都内の高級住宅地は速攻崩壊する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
bousaichiri_10.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 3月29日、国土地理院は日本各地の地形について学べるWeb地図の改良版を公開した。無料で利用できるこの「地形分類図」では、指定した地域における地震・洪水をはじめとする災害の危険度を調べることができる。大地震の発生時、あなたが住む土地の地盤の強弱が生死を分けることは、いくら強調してもし過ぎることはない。しかも、地価が高いところほど地震の揺れに強いとも限らない。そこで今回は、この地形分類図で様々な土地の災害危険度を見ていくことにしよう。


■過去に海や川だった土地は超ヤバい

 過去の記事で紹介したように、1995年の阪神・淡路大震災では、家屋倒壊などによる死者の約8割が「旧河道(きゅうかどう)」、つまり昔は川だった地盤に住んでいたことが判明している。また、昨年4月の熊本地震でも、家屋倒壊による被害や死亡の多くは震源となった益城村の秋津川周辺に分布が集中していた。このように、かつて海や川だった土地は地盤が軟弱であり、そのことが地名からもある程度は類推できる例が多いのだ。しかしそれでも、ある特定の土地における地盤の強弱や災害危険度を総合的に判断するには、やはり公的機関による正式な調査に基づくデータが信頼できるだろう。

bousaichiri_9.jpg
画像は「国土地理院」より引用

 今回公開された国土地理院のWeb地図では、従来の「地形分類図」の改良版として、「地形分類(自然地形)」と「地形分類(人工地形)」を調べることができる。依然として日本全土のデータがサポートされているわけではないが、従来の地形データに今回、新たに追加された範囲がある。この地形分類図を参照することによって、地震だけではなく、高潮・河川氾濫・崖崩れ・土石流といった自然災害の危険度も知ることができる仕組みとなっている。

コメント

4:匿名2017年4月22日 03:32 | 返信

先日の熊本地震で現在の危険度予想マップは再考すべきとの研究結果が既に出ている。発表されるのは年内との事だが、現在のマップは「古いデータ」なのでアテにならない。NHKでも散々報道されている事実。ちゃんと取材していれば何が最新の情報か分かるのになぜ古い情報を参考にしろというのか?しかも命に関わる問題なのに?疑問符だらけだ。

3:匿名2017年4月21日 04:57 | 返信

この数十年でできた新興住宅地は 地名隠ししてるからな~
沼地を埋め立てておきながら 〇〇が丘 〇〇台 のような
オシャレな響きの所もある

調べるなら 古地図見ないと 意味ないぞ

2:匿名2017年4月20日 22:12 | 返信

百瀬の記事ってだけで嘘臭い。

1:匿名2017年4月20日 15:41 | 返信

3.11の津波の犠牲になった人達に対して「そんな所に住んでる奴が悪い」と言い放ってた都内住みの人は、当然とっくに東京から逃げてるよね?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。