>  > 「キリストのDNA」確定、クローン復活へ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

 今月16日、イエス・キリストの復活を祝う祭「イースター(復活祭)」が世界各地で盛大に行われる中、世界中のキリスト教徒が狂喜乱舞するとんでもない番組が放送されていた。なんと、キリストのクローンが誕生(復活?)するかもしれないというのだ!

【ガチ】いよいよ「キリストのDNA」確定、クローン復活へ!? 有名大教授が本人確定作業を開始!の画像1
トリノの聖骸布「Daily Mail」より引用


■キリストのDNAを発見、クローンの作成も!?

 オーストラリアの独立系ニュースサイト「The Conversation」(4月18日付)などによると、今月16日の復活祭に合わせて放送されたヒストリーチャンネルのドキュメンタリー番組「Jesus Strand」が、いま世界中で大きな反響を呼んでいるという。

 番組では、英オックスフォード大学の遺伝子学者ジョージ・バスビー教授と、聖書学者パスター・ジョー・バジル教授がキリストのDNAを求め、スペイン、イタリア、イスラエル、黒海を訪問、キリストの顔が浮かび上がっていることで知られる「トリノの聖骸布(せいがいふ)」や「オビエドの聖顔布」など様々な聖遺物を調査する様子が放映された。

【ガチ】いよいよ「キリストのDNA」確定、クローン復活へ!? 有名大教授が本人確定作業を開始!の画像2
洗礼者ヨハネの遺骨「Daily Mail」より引用

 その中でも研究者らが最も注目したのが、キリストに洗礼を施したことで知られる洗礼者ヨハネの「遺骨」である。この遺骨は2010年、ブルガリアの教会の床下から発見されたもので、オックスフォード大学が実施した年代測定では、洗礼者ヨハネが生きていた時代とぴったり合致するとの結果が出ており、歴史資料にも5世紀~6世紀に同教会へヨハネの遺骨の一部が譲渡されたことを示唆する記述が見つかっているため、本人である可能性が極めて高いと見られている。

 キリストの母マリアと洗礼者ヨハネの母エリサベトが親類関係にあるといわれていることから、ヨハネの遺骨はキリストのDNAを同定する上で極めて重要だと考えられているそうだ。バスビー教授によると、この遺骨に加え、「他の遺物からも洗礼者ヨハネやキリストの親戚のDNAが採取できれば、それらを比較検討することが可能になる」という。

関連キーワード

DNA

コメント

6:匿名2017年5月 2日 07:19 | 返信

預言どおり復活すると解釈すると壮大だな
俺がキリストさんなら自分が原因とされて起きた事を知るくらいなら復活拒否したいけどね

5:匿名2017年4月21日 20:58 | 返信

古物商が暴露した「ヤコブの骨箱」捏造の経緯

古物商「同じ様な石板をいくつかゴラン氏に頼まれて彫った」
───彼(ゴラン氏)から見本(石板)を?
古物商「貰った。それを元に文字を彫った」
   「これらの印章は数十万ドルで売られていた」
   「単なる粘土の塊で文字なんか見えやしない」
   「そんな大金を払うなんて 神経を疑うね」

4:トランプ大統領2017年4月19日 23:55 | 返信

ユダヤ人は白人ではないし、ブッダやイエスは漫画じゃないのか?

存在Xが私のクローンを作るという意味の記事ならわかるが

クローンを作らなくとも又吉イエスがいるだろ。

3:匿名2017年4月19日 15:15 | 返信

宗教戦争にならなけりゃいいけどな。
触れ得ない、神聖な存在でなきゃいけないキリストを、よりにもよって科学技術で俗世に物理的に造っちゃう、っていうのは、見方によっては最悪の偶像崇拝だからな。
狂信的な人達から物凄い攻撃を受けそう。
造ったとして、人間として誰がどう教育するかでも猛烈に揉めそう。
争いの火種になる予感しかしないw

2:匿名2017年4月19日 13:52 | 返信

 聖書の記述は真実として考えると、聖書を理解していれば、この作業は無意味であることが分かるはず。マリアとヨセフの子の末裔は発見できても、マリアと神の子であった人間イエスの身体特性が復活するわけではない。イエス自身のDNAがなければ無理。マンモスじゃないんだから。

1:匿名2017年4月19日 11:29 | 返信

あのう、イエスもヨハネも実在しない架空の人物だったことは学者たちは分かってるはずだけど
まあ、クローン技術の発達自体は興味があること

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。