>  > 「激安の高枝切りバサミ会社」はなぜ潰れないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ビジネス

,

王山覚

 大阪の一等地で25年以上も閉店セールを続けていた靴屋さんが本当に閉店したというニュースを覚えていらっしゃるだろうか? 「もうあかん、やめます」と閉店をするフリをしながらちゃっかりと商売を続けてきたお店だったが、店主が高齢になったために本当に閉店することがニュースになったあのお店だ。

 このお店、それまで閉店と言っていたのは大阪の一流のジョークで、実際は「大阪一安いとうわさの靴店」として地元で人気のお店だったのだが、このお店が長年繁盛してきたのにはもうひとつ、知られていないビジネスモデルの秘密がある。


■激安靴屋さんが儲けていた秘密とは?

ThinkstockPhotos-122467582.jpg
画像は、Thinkstockより

 実際は安い靴をいくら売ってもたいした儲けにはならない。しかしこのお店には安い紳士靴とは別に、店の奥でひっそりと売っている、そして来店客が高く買っていく秘密の商品があったのだ。

 それは身長を、5センチから8センチも高くみせるシークレットシューズだ。実はこのお店の一番の売れ筋商品で、価格も店頭にならぶ3000円台の通常の紳士靴よりもずっと高く、8000円~1万5000円で売られていた。

 このようにびっくりするほど安い商品を売っているお店には、おうおうにして秘密があり、実は、びっくりするほど安い商品を使って集客をしていたのだ。このお店の場合安い紳士靴を使って一般客をたくさん集客する。その中の普通の顧客は収支とんとんで儲からなくてもいいのだ。その代わりお店に来たお客さんの中からちょっと背の低いお客さんに目をつける。

「普通の靴もあるけど、もっと背が高くなる靴もあるよ。履いてみる?」

 というわけだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。