>  >  > アブダクション現場の砂が“変質している”ことが判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 UFOによる誘拐事件(アブダクション)現場に、地質学上の著しい変化があることが判明したという驚きのニュースが飛び込んできた。UFOの実在を裏付ける物的証拠として、世界中のUFOコミュニティに激震が走っている。


■トラヴィス・ウォルトン事件

アブダクション現場の砂が完全に変質していることが判明! 化学者も断言、UFOの存在を裏付ける物的証拠の画像1
トラヴィス・ウォルトン「Whale Oil」より引用

 本題に入る前に、米アリゾナ州の森林で起こったUFO連れ去り事件「トラヴィス・ウォルトン事件」を簡単に紹介しておこう。

 1975年、アパッチ・シトグリーブス国有林の森林伐採員として働いていたトラヴィス・ウォルトン(当時22歳)が、忽然と失踪する事件が発生した。当日、ウォルトンは6人の仕事仲間とともに自宅に帰る途中、森林の中に謎の発光物体を発見。火事だと思ったウォルトンらが近づいてみると、地上約30メートルに浮かぶ円盤型の飛行物体だと判明した。

 日頃からUFOに関心を示していたウォルトンが車の外に出てさらに近づくと、突如、飛行物体からビームが照射された。仲間たちはパニックを起こし散り散りに逃げ隠れたが、ウォルトンはビームの直撃を受け、姿を消してしまったという。

 失踪から5日後、ウォルトンは唐突に姿を現し、宇宙人に誘拐されていたことが発覚。これが数あるアブダクション事件の中でも指折りの知名度を誇る「トラヴィス・ウォルトン誘拐事件」の概要だ。

アブダクション現場の砂が完全に変質していることが判明! 化学者も断言、UFOの存在を裏付ける物的証拠の画像2
画像は「Thinkstock」より引用

 当時は「自作自演だ」との声もあり、目撃者は複数いたものの、現在に至るまでアブダクションを確証する物的証拠は何一つ無かった。しかし今月に入り、ウォルトンが誘拐された現場の地質に異常があることが、「Frontier Analysis」社のフィリス・バディンジャー博士らの研究で明らかになったのだ。今月4日付けの研究報告書をもとに概要を見ていこう。

コメント

2:匿名2017年4月21日 22:53 | 返信

「Frontier Analysis」社って、実在するの?

1:匿名2017年4月21日 20:36 | 返信

土壌がどうとかより、この事件はすでに狂言だとほぼ確定してるよね
でも相変わらず人気があるみたいだけど

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。