>  > ネッシーが死んじゃった!? 見つければ14万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
Nessie2017_3.jpg
ネス湖畔のネッシー博物館にあるネッシーのイメージ銅像 画像は「Wikipedia」より引用

 ネッシーが消えた!? イギリス・スコットランドのネス湖に生息するといわれる、世界一有名な未確認動物(UMA)ネッシー。その目撃情報が8カ月間も途絶えているという。現地では、熱心なウォッチャーたちがネッシーの行方に気を揉んでいる。英紙「Daily Mail」が危機感をもって伝えた。


■ネッシーは8カ月間どこに行ったのか!?

 スコットランド北部ハイランド地方、美しい野山に囲まれたネス湖。伝説のモンスター「ネッシー」が目撃される湖として世界的に有名な場所である。ネッシーの目撃情報をまとめたウェブサイト「The Official Loch Ness Monster Sightings Register」の管理人であるギャリー・キャンベル氏によると、ネッシーは2016年8月21日に目撃されて以降、8カ月間も目撃情報が途絶えているという。キャンベル氏は、次のようにネッシーの行方を気にかけている。

Nessie2017_2.jpg
ギャリー・キャンベル氏 画像は「The Daily Mail」より引用

「昨年は8回も目撃された記録的な年だったのですが、その後、彼女は姿を消してしまったようです」(注:ネッシーは現地ではメスとして認識されている模様)

 キャンベル氏が指摘するように、昨年2016年はネッシー目撃例が21世紀に入って最も多い年であった。ネッシーは冬でも目撃されるが、多いのは夏場だという。夏は日照時間も長いうえ、天候にも恵まれる。当然ながら観光客も多いので、必然的に目撃される可能性も高くなるというわけだ。昨年、最後に目撃したのも旅行者であった。また、近年はウェブカメラによる目撃も報告されるようになり、目撃例の増加に貢献している。しかし、だからこそ8カ月も目撃証言が途絶えているのは不可解である。「これから始まる観光シーズンに期待している」とキャンベル氏は語る。


Nessie2017.jpg
外科医の写真 画像は「The Daily Mail」より引用

■最新のネッシー調査によって真実解明なるか!?

 キャンベル氏のように、ネッシーの存在を追い続けている人々は今も多い。ネッシーが最初に記録に残されたのは、なんと西暦656年であるが、以降も数々の目撃談が残されている。周辺の道路が整備された1930年代以降、目撃証言は飛躍的に増加し、1934年の「外科医の写真」と呼ばれる有名な写真(のちに多くの疑問が残されたまま捏造と判明)など、多くの写真や映像が撮影されてきた。

コメント

2:匿名2017年4月29日 20:53 | 返信

俺も馬鹿ネタにまじツッコミしてるコメントまわして笑ってるよw

1:匿名2017年4月24日 19:15 | 返信

馬鹿馬鹿しいネタはSNSでシェアして、笑いのネタにさせてもらっているが、この記事はその価値さえ無い。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。