>  > 人生を変える「2分ルール」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 某予備校講師に「今でしょ!」といくらビシッと決めゼリフを言われても、今やらずについつい物事を先伸ばしにしてしまうのが人間の弱いところだろう。いずれにしても物事に着手する“スターター”をうまく動かせるかどうかがカギとなりそうだが……。


■“先延ばしグセ”をなくせば生産性も高まり自由時間も増える

howtobeatlaziness1.JPG
 「Collective Evolution」の記事より

 ひとつ勇気づけられるのは、先延ばしと仕事のクオリティは直接関係していないようであることだ。

 文豪のヴィクトル・ユーゴーやフランツ・カフカもきわめて遅筆であったといわれ、かのレオナルド・ダ・ヴィンチや建築家のフランク・ロイド・ライトも作業になかなか着手しなかったことで知られている。また現存する人物ではダライ・ラマ14世の学生時代はきわめて怠け者であったといわれ、また第42代米大統領のビル・クリントンも物事をギリギリまで引き伸ばすクセがあるとして、1994年発行の「Time」誌の記事で指摘されるほどであった。

 このような偉大な人々にも“先延ばしグセ”があるならば、あまり気にしなくてもいいということになるのだろうか? しかしオルタナティブ系オンラインジャーナル「Collective Evolution」の記事では、どんなに“先延ばしグセ”のある偉人が歴史的に存在するにせよ、このクセをそのままにしておくことに断固反対している。その理由は単純で、“先延ばしグセ”を取り除くことができれば、それだけ生産性が高まるからである。

“先延ばしグセ”をやめることができれば、生産性の向上ばかりでなく、結果的に自分が自由に使える時間も増える。それでも、物事を先延ばしにしたい誘惑を断ち切るのはなかなか難しいとも言えそうだ。そこで記事では発想の転換を図ることで無理なく“先延ばしグセ”を取り除くことができる簡単な方法を紹介している。それが「2分ルール」だ。

コメント

1:匿名2017年4月30日 18:11 | 返信

GTDメソッドの丸パクリ記事

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。