>  >  > ブラックホールよりも「ホワイトホール」研究が激熱!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 光さえ飲み込んでしまう絶対無「ブラックホール」。だが、飲み込まれたあらゆる物質や情報はどうなってしまうのだろうか? ここ100年間、この素朴な疑問に物理学者は頭を悩ませてきた。


■ブラックホール情報パラドクス

ブラックホールよりも「ホワイトホール」研究がアツい! パラレルワールドの物質を吐き出し、我々の宇宙も作っていた可能性 の画像1
画像は「Express」より引用

 ブラックホールは光も逃げ出せない事象の地平(event horizon)のため、直に観測することはできないが、周囲の天体に及ぼす影響から、ほぼ間違いなく存在するとされている。たとえば、「はくちょう座X-1」とばれるX線星はブラックホールの最有力候補天体である。

 しかし、ブラックホールの存在は「ブラックホール情報パラドックス」と呼ばれる、大きな理論的パラドックスを引き起こしてしまう。ブラックホールに飲み込まれた物質や情報はどこに行ってしまうのだろうか?

ブラックホールよりも「ホワイトホール」研究がアツい! パラレルワールドの物質を吐き出し、我々の宇宙も作っていた可能性 の画像2
画像は「Express」より引用

 一般的な物理学に基づけばひとたびブラックホールに吸い込まれてしまった物質や情報は、海ならぬ宇宙の“藻屑”として跡形もなく消滅してしまうとこれまで考えられてきた。車椅子の物理学者、スティーブン・ホーキング博士も「ホーキング放射(熱的な放射)」によりブラックホールが蒸発するとともに、飲み込まれた情報は失われると以前は考えていた。しかし量子力学の観点では「情報は無くなりもしなければ作られることもない」はずなので、情報は保存されていなければならない。

 そこで、このパラドクスを解決する候補として挙がっているのが、ブラックホールが飲み込んだ物質と情報を放出する「ホワイトホール」の存在である。英紙「Express」(4月20日付)はブラックホールだけではなく、ホワイトホールも研究すべきと提言したうえで、ホワイトホールには2種類あると記している。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。