>  >  > 奇習! 戦災孤児を拾い集める人身売買人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

奇習

,

戸叶和男

,

日本奇習紀行

kishu0424_05.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 かつて行われた第二次世界大戦の際に、日本は多くの尊い人命が失われ、また、美しい国は文字通りの焼け野原と化したが、そうした戦争の爪痕は、その後の日本においても多くの暗い影を落とすこととなった。とりわけ、この戦争により親兄弟を失った戦災孤児たちを巡る悲運は、まさに筆舌に尽くしがたいものであったことは言うまでもない。

もうあれから何十年も経ちましたけどね、思い出すだけで胸が苦しくて。本当に忘れてしまいたい、辛い記憶ですよ……

 終戦直後に遭遇した謎の紳士と、その後に生まれた悲劇についてそう語るのは、自らも戦火により家も家族も失った経験を持つという平塚勝道さん(仮名・77)。当時、平塚さんら孤児は、行く当てもなく、帰る家もなく、焼け野原となった東京の片隅で、身を寄せ合うようにして子供たちだけで暮らしていたというが、そんなある日、一人の紳士に出くわしたという。

本当に良い人だったんですよ、身なりもすごく立派でね。それこそ、お大尽という感じでしたから。周りが焼け野原で着のみ着のままで乞食同然の様子だというのに、まったくそういうものとは別の世界に住んでいる人のようでした。でも今にして思えば、それがすべて罠だったんです

 その紳士は、時折彼ら孤児のもとを訪ねては、当面必要な食料などを無償で提供してくれる「神のような存在」(平塚さん)で、いつしか孤児たちも、彼に対して自然と尊敬や憧憬の念を抱くようになっていったという。だが、そうした日々がしばらく続いたある日、思わぬ事件が発生する。その紳士に「風呂に入れてあげる」と言われて連れていかれた少女たちが戻ってこなかったのだ。

“来週は男の子だ”ということで、先に女の子だけが連れていかれたんです。けど、待てど暮らせどその子たちは戻ってこない。その男の人だって、それっきりです。“誘拐されたのかもしれない”って気づいたときには、年端もいかぬ子供だった私らにとって、もうなすすべもありませんでした

関連キーワード

コメント

2:匿名2017年5月 1日 21:28 | 返信

こいつ、ポルノ作家になりたかったんだろうね。
でも、実力不足でなれなかった。
仕方がないから、トカナで創作したエロ短編小説モドキを細々と執筆している哀れな奴に間違いないね。

1:匿名2017年5月 1日 18:16 | 返信

ほんとに証拠も無い日本下げばっかだなこのサイトは
いい加減にしとけよ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。