>  >  > 奇習! 少女が四十路男と強制セックス!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
kishu0424_01.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 関根恵子(現・高橋)主演で1970年に映画化された『おさな妻』では、関根演じる女子高生・玲子が、ひょんなことから中年男と恋に落ち、その再婚相手となる様子が描かれているが、かつてこの日本においては、15歳になると、半ば強制的に“事実婚”をさせられる奇妙な習慣が存在していた地域があるという。

まあ、みんな15で嫁に出てしまうんだから、今にして思えば早すぎるよな(苦笑)

 その奇妙な風習についてそう語りはじめたのは、現在、長野県にある介護施設に入所中の青木房之助さん(仮名・85)。青木さんの話によると、彼が生まれ育った同県南東部のとある村では、少女たちは年端もいかぬうちに村人の男性と婚礼を済ませ、その内縁の妻となる習慣が存在していたという。

もともと女の子が少なかったからだという話もあるんだけどもね、あのあたりじゃ、女の子は本当に大切に育てられるのよ。生まれた時に大騒ぎするのはもちろんだけど、それ以降も順調に育っているかとか、どんな容姿になっているかとか、それをね、事細かに記録してさ、村の人間全員が成長を見守っていくっていう。でもあの執着は異常かもわからんね

 まず、当地において女児が生まれると、それは代々この村に残されている台帳に記され、以後、毎年桃の節句を迎える頃になると、その成長ぶりを記録していくのだという。その“身体検査”とも言うべき行事は15歳となる年の春まで続けられ、その年の5月になると、少女たちは「男版」の台帳に記載された男性の中から婚礼相手を決定され、すぐさま嫁ぐことになっていたのだそうだ。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年5月 6日 20:21 | 返信

ライターがオナニーしながら書いてそう
オナニーして原稿料もらえるんならいい仕事だね

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。