>  > キリストの処刑を再現する血みどろイースター!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
crucifixions_6.jpg
画像は、「Daily Mail」より引用

 宗教活動、特に信仰にかかわる多種多様な儀式が世界中で行なわれていることは言うまでもないことだが、一般的にあまり過激な儀式のイメージを持たないキリスト教、それも末端で派生分化した亜流ではなく、メインストリームであるカトリックの信仰的儀式が、驚くほど過激になっている地域があるという――。

crucifixions_1.jpg
画像は、「Daily Mail」より引用


■残虐的な血みどろのイースター

「愛」の宗教でもあるキリスト教の信仰儀式が、フィリピンの一地域で血みどろの痛ましい儀式になっており、その実態をイギリスの英紙「Daily Mail」がレポートしている。

bloodyeaster3.JPG
画像は、「Daily Mail」より引用

 日本における最もメジャーなキリスト教の儀式といえば、もはや恋人たちのイベントと化してしまったクリスマスであるが、欧米をはじめとするキリスト教の信者が多い地域ではクリスマスと並ぶ一大イベントがイースターであることに間違いはない。

crucifixions_2.jpg
画像は、「Daily Mail」より引用

 クリスマスがキリストの誕生祭であることに対しイースターは、キリストの死と復活を祭るものであり、キリストが民にかわり十字架に磔にされ処刑されるという、ある意味暗いイベントを中心にした構成になっていることには違いないが、フィリピンの首都マニラの東にあるマンダルイヨンで行われているこのイースターの儀式が、暗い側面を持つどころか、残虐的な血みどろの祭りであるという。

bloodyeaster4.JPG
画像は、「Daily Mail」より引用

 フィリピンは、人口の80%を超える国民がカトリック教徒であるというキリスト教大国のひとつであるが、このマンダルイヨンで行われているイースターの儀式は、伝統的なカトリックのイースターの儀式からはかけ離れている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。