>  >  > 米先住民「ホピ族の予言」現実化、地球滅亡へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

Forest

,

NASA

,

ホピ族

,

マヤ文明

,

予言

,

人類滅亡

,

太陽

 NASAの衛星が捉えた球体は地球滅亡の予兆だった? 古代アメリカから伝わる神秘の予言に、海外メディアが迫っている。


■謎めく古代アメリカ文明

 去る2012年、マヤ文明の暦が同年12月で途絶していたことから、人類の滅亡が迫っているという噂が各所でささやかれていたのは記憶に新しい。この年の暮れには、多くの人が関心をもってその瞬間を待ちわびていたが、あいにくと言ってよいものか、終末が訪れる気配は影も形もなかった。

 最新の研究では、マヤ暦は2012年にいったん終わりを迎えるものの、その後は新たなサイクルに移るとされ、人類の滅亡とは無関係とみなされている。噂がそれ相応の説得力をもって語られた背景には「古代アメリカの先住民は宇宙人と交流していた」という推測が存在する。地球外との交流があれば、マヤ人が世界が破滅するタイミングを知っていても不思議はない。

 むろん、こうした推測は非科学的なものだが、オカルト通でなくともこの種の話題には一度は触れたことがあるだろう。

 16世紀のはじめ、スペイン人の征服者エルナン・コルテスが訪れたアステカ王国の都テノチティトランは、人口20万を超える大都市であった。文明の中心地であるはずのヨーロッパにも、比較できる大都市は数えるほどしかなく、コルテス以下のスペイン人たちは一様に目を見張ったと伝わっている。

 古代アメリカの諸文明は、上記の逸話にも表れているように、極めて高度な技術や文化を有していた。過去から現在まで謎とされているのは、先住民たちが先進文明との交流なしに、それらの技術や文化を生み出していたという事実だ。また、南北アメリカ大陸には、石造りの巨大なピラミッドや、地上から全体像が把握できないナスカの地上絵など、成立の過程が不明瞭な遺跡が数多く残されている。

bluekachina1.JPG
ナスカの地上絵 画像は「Wikipedia」より

 これらの謎を追うにあたって、神の信託、すなわち宇宙人の手助けがあったという発想に行き着いてしまうのは、無理もないことなのだ。

関連キーワード

NASA

コメント

2:トランプ大統領2017年5月 5日 08:36 | 返信

終末思想を唱える奴は操られているし、いかれている。
どっからそんなのが出てくるのか?必ず戦争を起こすのが決まりなのが不思議。
例えば日本の戦国時代は日本で起きた最終戦争でこれも終末思想で起きたのだろう。
尾張(終わり)の国の人が天下統一とかギャグとしか思えん。

戦争もぶっつけ本番の映画撮影のようなものか?
救世主がレプティリアンに利用されて食べられるのはおかしな話じゃないのか?
私は警察官のごとく、そんな異常な変質者に利用されないように敵をぶっ殺して差別し隔離する。

1:匿名2017年5月 4日 17:26 | 返信

前記事ではUFO、今回は青い星…どっちですか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。