>  >  > ATMに現れた容赦なきメッタ刺し強盗=中国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

ATM

,

メッタ刺し

,

中国

,

包丁

,

山下史郎

,

強盗

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1704_atmcrimewithknife_1.jpg
画像は、「Best Gore」より

 2015年8月、青森県むつ市のスーパー駐車場にあるATMが、何者かによってショベルローダーで破壊される強盗未遂事件が起きた。犯人は近くの建設現場から盗んだ重機でATMを破壊し、現金を盗もうと画策したが、幸いにも事件は未遂で終わっている。その後、逮捕された犯人の男には懲役3年の実刑判決が下された。近年、このように建設重機を使ってATMを破壊する大胆不敵な強盗事件が各地で相次いでおり、神奈川県警の発表によると2001年末~2002年にかけて関東の1都5県で57件も発生し、被害総額は8億円を上回るという。

 そして今、ATMを狙った犯罪事件は中国でも頻発しており、海外ショッキングニュースサイト「Best Gore」に、その決定的瞬間を捉えた監視カメラの映像が公開された。

 中国のとあるATMコーナーに、新聞紙で包まれた“何か”を手にした男が、背広服姿の男性と入れ違いでやって来た。そこには2機のATMが設置されているものの、片方は使用中止のようだ。男は列の最後尾に並ぶと、しきりにガラスドア越しに外の様子を窺っている。そして背広服姿の男が去るや否や、おもむろに新聞紙を広げると刃物を取り出し、隣に立つ男性の胸や首元を斬りつけ始めた。

 ATMコーナーの床は、襲われた男性の鮮血で真っ赤に染められていく。なんとか必死に抵抗し続け、男性は命からがら逃げ出すことに成功した。また、事件発生時にATMを操作していた男性も、犯人の脇をすり抜けて一目散に逃げ去った。その後、男はATMに刃先を突き立て、無理やり金を奪ったようだ。犯行動機は不明だが、かなりの凶悪犯であることは一目瞭然だ。

 しばしば日本では考えられないような残虐事件が起きる中国。やはり国内の貧富の格差が、今回のような猟奇的事件を引き起こす要因となっているのだろうか……。
(文=山下史郎)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

ATM

コメント

3:匿名2017年5月 7日 13:25 | 返信

障害者ってだけで惨殺する日本人もおるけど

2:匿名2017年5月 6日 23:56 | 返信

うわぁ
移民反対だわ

1:匿名2017年5月 6日 21:26 | 返信

やる気で刃物をふるっている
シナ公は気が狂ってる

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?