>  >  > 【超・閲覧注意】「11人のバラバラ死体」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
関連キーワード:

メキシコ

,

切断死体

,

北原大悟

,

麻薬組織

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1704_choppedeleven_1.jpg
画像は、「LiveLeak」より

 “麻薬戦争”が勃発中のメキシコ国内では、麻薬カルテル同士の抗争に関連した誘拐や殺人事件が相次いで起きており、これまでに死者20万人以上、行方不明者も約3万人以上が報告されている。メキシコ東部ベラクルス州の農場からは今年3月までに、麻薬犯罪に巻き込まれた可能性のある10代~20代の若者と思われる、少なくとも240人の遺体が発見された。

 麻薬組織関連の殺人事件が後を絶たないメキシコ。中には体を切断され殺された遺体も数多く発見されている。2012年には、ヌエボ・レオン州の都市・モンテレイ近くの幹線道路で49人の切断遺体が見つかり、現場には麻薬組織「ロス・セタス」による犯行声明も残っていた。またハリスコ州・グアダラハラでも、頭部の無い18人の遺体が発見されるなど、残虐な殺人が後を絶たない。

 そして、2009年6月にはソノラ州の路上に捨てられた車の車内から、体中を切断された11人に上る男性の死体が発見され、その様子が「Liveleak」に掲載された。車のナンバープレートには米国アリゾナ州の表記があり、同年5月に盗難された車体だと判明。死体の切断面の形状から、チェーンソーか斧、またはその両方が犯行に使用された可能性が高い。服を着用したままの死体もあることから、犯行が容赦なく行われたことが窺える。

 中には、身体の一部を切断されながら死にきれない場合も。2016年10月にはハリスコ州・トラケパケの路上で、両手を切断された男性5人と女性1人が生きた状態で見つかった。切断部位にはビニール袋が巻かれ、6人の容体は一刻を争う状況だったという。地元警察によると、彼らの額には“私は泥棒”と刻まれ、現場にも同様のメッセージや女性や子どもへの虐待を示唆する警告も残されていた。

 麻薬組織らの犯罪を防ぐためにも、メキシコ政府によるさらなる取り締まりの強化が必要だろう。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

7:匿名2017年5月 5日 23:46 | 返信

>>6

こんなん記事なんて読まんと動画とか静止画を見て楽しむもんやし

6:匿名2017年5月 5日 23:24 | 返信

>2009年6月にはソノラ州の路上に捨てられた車の車内から、体中を切断された11人に上る男性の死体が発見され

記事に男性の死体って書いてあるだろうが

5:匿名2017年5月 5日 23:24 | 返信

>2009年6月にはソノラ州の路上に捨てられた車の車内から、体中を切断された11人に上る男性の死体が発見され

記事にちゃんと書いてあるんですが

4:匿名2017年5月 5日 23:23 | 返信

>2009年6月にはソノラ州の路上に捨てられた車の車内から、体中を切断された11人に上る男性の死体が発見され

記事読めバカ

3:匿名2017年5月 5日 21:43 | 返信

女性の下着かな?って目を凝らして見た俺は変態か?・・

2:匿名2017年5月 5日 21:40 | 返信

女が無い

1:匿名2017年5月 5日 20:51 | 返信

さて小人は何人できるでしょうか?(((;゚Д゚)))

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?