>  >  > 家からゴキブリを完璧に追い出す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

家から「ゴキブリ」を完璧に追い出す! 自然に優しい「ゴキブリゼロ」方法とは?の画像1
家の中から「ゴキブリ」を完璧に追い出す方法はある(http://jp.depositphotos.com)

 2015年10月、広島市中区流川町のメイドカフェなどの入った雑居ビルが全焼し3人が死亡した火事で、ゴキブリを駆除するために1階のゴミ置き場付近で「アルコールスプレーをまいたうえ、ガスバーナーを使用していた」ことが捜査関係者への取材で判明したと、各報道機関が報じている。

 普通なら殺虫剤を使うところだが、なぜ「焼き殺そう」なんて発想が生まれたのか? そのぐらいゴキブリが嫌いだったのか? あるいは、いくら駆除しても絶滅しないゴキブリに業を煮やしたのか……。

 ネズミ算ならぬ「ゴキブリ算」を知っているだろうか?

 チャバネゴキブリを例にしよう――。1匹のメスゴキブリは、約1カ月ごとに卵を1つ産む。この卵には平均40匹のゴキブリの子どもが入っており、産卵から2週間で孵化、成虫になるまでに1カ月がかかる。

 最初1匹だったゴキブリは、半月後には「1匹+40匹」で41匹。生まれたこどものうち半数の20匹がメスだったとすると、その1カ月半後には800匹が誕生。800匹の半数の400匹のメスがまた卵を産んで……と繰り返したとき、なんとスタートから5カ月後には32万匹が誕生することになる!

 「1匹見たら30匹はいると思え」の教訓は甘い。一度でも巣を作られてしまえば、「家の中はゴキブリだらけ!」ということにもなりかねない。

 だが、「家の中のゴキブリは全滅できる!」と断言する男がいる。『ゴキブリ退治に殺虫剤はつかうな!』の著者・大久保柾幸氏だ。

「ゴキブリゼロ」を達成する3つのこと

 大久保氏は、1997年に福岡市で厨房向けゴキブリ対策サービスを行う「アースウェル株式会社」を設立した。以来、殺虫剤を散布しない施行を続けており、効果の出なかった案件はひとつもないという。害虫駆除業者としてのノウハウは独自に構築・実践してきたもので、過去の業績とともに「ゴキブリゼロ」の言葉にも絶対の自信をもっている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。