>  > 「邪魔だ」「出てくるな」と怒鳴るスタッフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ドラマ

,

ロケ

,

吉沢ひかる

,

撮影

0502doramaroke_01.jpg
※イメージ画像:『アニメ・コミック・ドラマ・映画のロケ地めぐりガイド』

 テレビのバラエティ番組やドラマではスタジオ収録ではなく、街なかや実在する施設で撮影を行う「ロケ」が欠かせない。

 こうしたロケはそれぞれの所轄の警察署はもちろんのこと、建物の所有者や居住者、お店のオーナーや本社などの許可を得た上で行っており、言ってみれば一般市民の協力のもとに成り立っている。

 しかし、今はこのようなロケ場所がどんどん減っていると聞いた。果たしてテレビの現場で何が起こっているのか。

「ロケ先の許可が下りないことが増えているんです。これまでは協力的だったお店も、撮影中のスタッフの態度に憤慨して、それ以降は協力NGということもあります。また、そうした評判を耳にしてほかの店や企業、ビルのオーナーなども撮影への協力を断ることが多くなっています」(バラエティ番組関係者)

 撮影NGとなれば、番組担当者としては頭を抱えるところだが、いったいスタッフの態度の何が問題なのか。

「撮影中の野次馬への言葉遣いや立ち振る舞いが問題です。特にドラマの場合がひどく、立ち止まっただけの人を『邪魔だ』と怒鳴ったり、自宅の窓から顔を出しただけで『出てくるな』と叫んだり、何様だと言われるような言動が目立ち、こうした苦情の矛先が撮影を受け入れたお店やビルの関係者に向けられるんです。その結果、『二度と貸さない』となるわけです。ドラマのせいでバラエティ番組も割りを食ってますよ」(同)

 たしかに筆者も同じような経験をしたことがあるが、そのときもドラマの撮影であった。無論ドラマだけではなくバラエティ番組でも同じケースはあるのだろうが、実際、ドラマのほうがクレームの数も多いという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。