>  > 小栗旬『CRISIS』、面白さの秘訣はズバリ脚本!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

CRISIS

,

吉沢ひかる

,

小栗旬

,

西島秀俊

0502crisiscrisis_01.jpg
※イメージ画像:フジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』公式サイトより

 現在放送中の2017年4月クールの連続ドラマも各テレビ局の力作揃いだが、今回も明暗は分かれたようだ。そんな中、圧倒的な人気を得ているドラマがあると聞いた。

「今クールは関西テレビ制作の『CRISIS』の評判がいいですね。初回は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の平均視聴率を獲得しました。内容の性質上、男性からの支持が高いドラマになると予想されていましたが、想像以上に女性の満足度も高く、今後も高視聴率が期待できそうといわれています」(テレビ局関係者)

 視聴率は圧倒的というほどではないが、たしかにネット上でも評判の良いドラマになっている。こうした人気の理由はどこにあるのか。

「小栗旬さんや西島秀俊さんの人気が結果に反映されているのはもちろんですが、それ以上に脚本の良さが理由だといわれています。今回、脚本家は直木賞作家の金城一紀さんが務めていますが、小栗旬さんとタッグを組むのは2014年の『BORDER』(テレビ朝日系)に続いて2度目です。そのため、今回は撮影に入る前から密な打ち合わせが行われたと聞きます」(同)

 密な打ち合わせとは一体なにか。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。