>  >  > 終末が迫っている事実を世界中の有名科学者が指摘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 世界の終わりは確実に近づいてきている。ホーキング博士のみならず、世界中の科学者があちこちでアポカリプス(終末)を予言していると、歴史ある米ニュースサイト「Salon」(5月1日付)が報じている。


■著名科学者らが警告「100年以内に人類滅亡」

【悲報】「マジで世界滅亡2分前」世界中の有名科学者が人類滅亡寸前を指摘! 21世紀で終了の確率は50%!の画像1
画像は「Salon」より引用

・ホーキング
近年、人類滅亡の可能性を声高に主張している、世界的理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士。昨年も「今後100年の間に人類が滅亡する危険性が極めて高い」として、災害や核戦争、科学技術によって人類が滅ぶと警鐘を鳴らしていたが、英紙「Telegraph」(5月2日付)によると、今度は英BBCのドキュメンタリー番組『Expedition New Earth』で、「100年以内に他の惑星を植民地化する必要がある」と語っているそうだ。過激ともとれるホーキング博士の発言だが、ここまでくると彼は100年以内の滅亡を“確信”しているとしか思えない。100年以内の人類滅亡を予言している著名科学者はなにも博士1人だけではない。

・フェナー
 細菌学の権威フランク・フェナー博士は、人口過剰、環境破壊、気候変動のため人類は100年以内に滅亡すると予言しており、カナダの生物学者ニール・ダウ教授も「自分の次の世代が人類滅亡を目の当たりにしたとしても驚かない」と悲観的な発言をしている。そして、その背景にはいくつもの科学的な事実とデータが存在するのだ。

・WWF
 たとえば、「WWF(世界自然保護基金)」が発表した「生きている地球レポート2016」では、現在の消費量を継続するためには地球1.6個分が必要になると予測されており、2015年、生態学者ヘラルド・セバジョス博士らが発表した論文では、生物種の絶滅スピードが通常の背景率よりも1万倍速いと推定している。類似の研究では、1970年から2012年の間に脊椎動物が約58%も減少したと報告されているという。生態系のバランスが崩れることで人類の存亡が脅かされるかもしれない。

・WHO

【悲報】「マジで世界滅亡2分前」世界中の有名科学者が人類滅亡寸前を指摘! 21世紀で終了の確率は50%!の画像2
画像は「Thinkstock」より引用

 さらに、「抗生物質」も人類を危機に陥れる可能性がある。カナダ・マクマスター大学ブライアン・クームズ教授や、WHOのマーガレット・チャン氏などによると、現代の医療はあらゆる場面で抗生物質に頼りきっているため、どんな抗生物質も効かないスーパー耐性菌の存在が脅威になるという。

・国連
 さらに国連の調査によると、2050年までに世界人口の66%が都市部に居住するといわれており、スーパー耐性菌が、人口が過剰に密集する都市部で流行した場合、パンデミックの発生は避けられないとのことだ。

コメント

3:匿名2017年6月30日 14:01 | 返信

見てて不愉快。
こんなおもんないデマ流すな。
流すなら楽しいデマ流せ。

2:匿名2017年5月15日 00:15 | 返信

だれか「ムー」とか「トカナ」の5年後生存率を予言してみて、ただし50%じゃなくw

1:匿名2017年5月10日 00:39 | 返信

【悲報】に過剰反応する奴を煽ってるだろ最近のトカナ。

そんな糖質っぽいキチガイじみた奴に対抗心燃やすより、まともな記事書けよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。