>  >  > 火星の大地を散歩する“トカゲ”をNASA激撮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 先日の“火星探査機にしがみつく生きたトカゲが激写”された記事に続報だ――。


■火星表面を歩くトカゲがまたしても激写される!

 今回も発見されたのは、火星表面を歩くトカゲに類似した奇妙な生物である。長い尻尾を持ち、頭部には耳もしくはトサカのようなものが見て取れ、一部隠れてはいるが前足と後ろ足もはっきり認識できる。

shapedrockonmars1.JPG
トカゲか!? 画像は「NASA」より

 前回のトカゲは背中にハリネズミのような無数の針か棘のようなものが生えていたが、今回は見られないため、どうやら同一の種ではなさそうだ。

 実は、過去にも火星ではトカゲに似た生物はさまざまな場所で発見されており、人魚や巨大ガニ、ネズミ、ゴキブリなど、火星で見つかったほかの物体と比較しても出没頻度が高い傾向になっている。

shapedrockonmars2.JPG
「sol1532」と呼ばれる今回の画像 画像は「NASA」より

 発見者である世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏は、同時に不思議な岩にも注目している。

 表面に規則的に縦線が数本刻まれ、紋章に見える箇所がある岩が複数あること、そして側面にドアのようなものが取り付けられた岩があるのを見つけたのだ。

shapedrockonmars3.JPG
ドアが開いている!? 画像は「NASA」より

関連キーワード

NASA

コメント

3:チンポマン閲覧できなくなってて草2017年5月15日 11:05 | 返信

ネタ切れって怖いなって思う今日この頃

2:トランプ大統領2017年5月14日 17:23 | 返信

形が似ているから、そうだというのはやめた方がいい。
どう見ても自然現象で出来た岩だ。日本にも何とか岩いっぱいあるだろ、あれと同じ。
写真だから余計にそう見える。写真写りで印象変わるだろ?
光の加減や角度でまったく違ったものに見えるはず。

もうネタがなくて苦し紛れにやっているとしか思えない。
だから、火星に用はない。創価学会でロケットでも作って勝手に行ってくれ。


1:匿名2017年5月14日 16:52 | 返信

そのトカゲとやらは何は食べてるんだろう???

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。