>  > 「100年前の死者の霊と握手した」超有名ジャーナリストが衝撃告白!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

幽霊

,

心霊

,

,

死者

,

臨死体験

,

降霊会

「100年前の死者の霊と握手した」超有名ジャーナリストが衝撃告白! ヤバすぎる「降霊術ルポ」に全米震撼!の画像1
画像は「Thinkstock」より引用

 米超有名ジャーナリストが「死後の世界」や「霊」の存在を認める著作を出版し、大きな波紋を呼んでいるとのニュースが飛び込んできた!  “改心”のきっかけとなった驚愕の体験談がヤバすぎる!


■有名ジャーナリストの心霊本が異例のヒット!

「100年前の死者の霊と握手した」超有名ジャーナリストが衝撃告白! ヤバすぎる「降霊術ルポ」に全米震撼!の画像2
キーン氏「Surviving Death Leslie Kean.com」より引用

 レスリー・キーン氏の名は日本ではほとんど知られていないものの、米国では超常現象を専門とする名うてのジャーナリストとして知られ、2012年から現在まで米有力紙「Huffington Post」の外部記者としても活躍している。

 またUFO関連情報にも造詣が深く、2010年に出版された『UFOs: Generals, Pilots, and Government Officials Go on the Record(UFO:将校、パイロット、官僚らの告白)』は、米有名紙「The New York Times」でベストセラーに選出されている。その上、歴代の米政権で要職を務め、重大なUFO情報を握っているとされるジョン・ポデスタ氏も同書を推薦しているというから驚きだ。

 そして、今年3月に出版された『Surviving Death: A Journalist Investigates Evidence for an Afterlife(死を生き延びる:アフターライフの証拠をジャーナリストが調査)』も、心霊現象や臨死体験といったテーマにもかかわらず、専門家からも高い評価が寄せられている。

 それというのも、キーン氏がこういった現象をジャーナリストの視点で分析しているためだろう。自身はもともと心霊現象には懐疑的で、死後の世界など存在しないと確信していたという。しかし、常識では考えられない“ある体験”をしたことで、考え方が180度転換してしまったと告白。英紙「Express」(5月9日付)の記事を参考にその内容を見ていこう。

「100年前の死者の霊と握手した」超有名ジャーナリストが衝撃告白! ヤバすぎる「降霊術ルポ」に全米震撼!の画像3
画像は「Surviving Death Leslie Kean.com」より引用

 同書は全10章からなり、それぞれ輪廻転生、臨死体験、霊媒、超常現象に精通した複数の専門家が執筆したという。キーン氏も、霊媒師スチュアート・アレクサンダー氏の降霊界での体験を報告している。そして、その降霊会で100年前に亡くなった男性の手が現れ、実際に触れたというのだ!

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年5月14日 00:02 | 返信

ヤバすぎるクソ記事w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。