>  >  > ワンオクも… 「発言の切り取り」に業界人ブチ切れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ONE OK ROCK

,

ニュース

,

吉沢ひかる

,

芸能人

0512netnews_01.jpg
※イメージ画像:『「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方』

 新聞やテレビの報道・情報番組は、日々起こった出来事を報じている。だが、新聞には文字数の制限が、放送には時間の制限があるため、編集作業が行われることになる。しかし、中には事実とは異なる印象を与える内容が発信されてしまうこともあり、特に「発言の切り取り」などと批判されることも多い。

 最近で言えば人気ロックバンド『ONE OK ROCK』のメンバーが、ライブで熱中症により救急搬送された人が続出した件で、「いつものこと」と自身のTwitterで発言して批判を浴びた。しかし、実際のツイートを見ると決して突き放した言い方ではなかったことがわかっている。こうした事態は芸能人だけではなく政治家の発言でも起こっているが、業界の人間はどう考えているのか、その率直な声を聞いた。

「たしかに芸能人も政治家もその発言のすべてを伝えることはできないので、象徴的な一言をクローズアップすることもあります。そして最近、その切り取り方に悪意があると言われているのも承知しています。気を付けなければならないと思っていますが、揚げ足取りのような内容が世間に受けることもあって、そうした方向に走る記者も多いのです」(放送局記者)

 注意を払いながらも話題性を意識し過ぎて悪意ある編集が行われてしまう実態があるようだ。

「ただ、内容によっては悪意ある編集というよりも、本当にひどいケースもあるのが事実です。たとえば先日の復興大臣の件では、どんな文脈であろうと『東北でよかった』という失言は担当大臣としては完全NGですよね。無論、逆に前後の文脈をたどれば意味が違って聞こえるケースもあるので気を付けるべきは気を付けるべきですが……」(同)

 本当にひどい発言は報じていくべきだが、悪意ある切り取りは極力排除してほしいものだ。それでは芸能人の場合にはどうなのか。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。