>  > ダービーを的中しまくる謎の集団、真実を発表へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
522bj.JPG
すべての関係者が目標とするダービー

 いよいよ日本ダービーである。1780年にヨーロッパで誕生して以来世界中で行われるようになり、すべてのホースマンが目標としているレースだ。日本では1932年に始まり第一回目の優勝馬はワカタカ、そしていよいよ84頭目のダービー馬が決定する。

 ダービーは天皇賞や有馬記念のように何度も挑戦できるレースではなく、“3歳馬のみが出走”できる一生に一度しかチャレンジできないレース。それゆえ関係者のこのレースに対する思いは強く、数年前からこのレースを勝つため関係者は様々な準備をしてきた。

 優勝賞金は2億円だが、ダービー馬ともなればそれ以上に大きな価値がある。例えば生産者はダービー馬を生産したことが評価され、同じ血統の馬や牧場の馬が高額で売れるようになる。

 また、騎手であればダービージョッキーという称号は非常に大きな名刺代わり。騎手としての評価にもつながり、騎乗数の増加やより良質な馬の騎乗も増えるだろう。加えて引退後は競馬評論家やテレビのコメンテーターなど様々な分野で活躍することができる。

 調教師にとっても厩舎経営に大きなプラスになる。調教師の手腕が評価され、様々な馬主から多くの素質馬が預けられるようになるからだ。

 もちろん馬主にとってもダービーの勝利が最大の目標であるといえよう。ダービーオーナーは馬主にとって最高の栄誉であり、その響きは格別なもの。しかも引退後に種牡馬として稼ぐことも可能であり、夢は大きく膨らんでいく。

 そしてダービーは我々競馬ファンにとっても大きな存在だ。というのもダービーは通常馬券を買わないような一般人も多く買うからである。多くの人が購入するダービーを的中させることは競馬ファンにとって最も大きなステータスであり、そして的中させれば多くの人から羨望のまなざしを集めるだろう。

 それだけに多くの人がダービーの的中に向けて様々な研究をしているだろうが、馬券はなかなか難しいのが現実だ。

 春のG1レースは桜花賞のソウルスターリング、天皇賞(春)のサトノダイヤモンドなど確勝とみられた1番人気馬がことごとく敗退しており、もはや何を信じて馬券を買ったらいいのかわからない人も少なくないはず。

 この人気を作り出したのはマスコミであり多くの一般競馬ファンである。彼らが作り出した人気馬が負けているとなれば、やはりマスコミも一般競馬ファンの予想も信用できないのが結論といっていいだろう。


■我々が参考にするべき情報

 では我々は何を参考にして馬券を買えばいいのか?

それは競馬を知り尽くす競馬関係者による「内部情報」が答えではなかろうか。というのもダービーのような大きなレースは、どの関係者も勝つためにありとあらゆる手法を取ってくる。そのためには本当の状態や騎乗作戦などをライバルに知られたくないという思惑があり、結果として「真実」をマスコミに話さないことがあるからだ。つまりテレビやスポーツ紙でみられる関係者のコメントには必ず「裏」があるのだ。

 そこでオススメしたいのが競馬界最高の情報が集まるといわれる「WORLD競馬WEB」だ。ここにはサニーブライアンで第64回日本ダービーを制した大西直宏元JRA騎手や、天皇賞馬ライスシャワーを手掛けた飯塚好次元JRA調教師などの競馬関係者OBをはじめ、総勢100名を超える厩舎関係者や現役騎手とも密接な関係にある情報筋が存在。


■伝説のダービージョッキー大西直宏氏が監修

522bj2.JPG
説のダービージョッキー大西直宏氏

 競走馬の状態の良し悪しのみならず、騎手・厩舎関係者・馬主・生産者、そして昨今はその情報は無くてはならないトレセン近郊の育成牧場からの情報など、ありとあらゆるところから情報を入手。その情報件数は毎週1万件を超えるというから驚きだ。

 その報告されてきた情報を精査し、場合によっては別ルートからも裏付けを取って軸馬の選定・情報確認、相手関係の選定・情報確認、買い目の仮組み、そしてレース当日の情報確認、買い目の決定、提供レースの決定、と段階を経て情報公開を行っている。


■「WORLD競馬WEB」の的中実績がヤバい!

 数少ないダービージョッキーの大西直宏氏が情報を監修しているのだから、ダービーの馬券を購入するのにこれ以上ベストな情報はない。

 そして実績も申し分なく、過去のダービーでは、2013年に勝った本命キズナと8番人気3着アポロソニックの激走情報を公開して3連単5万4950円、3連複1万7130円、馬連970円をズバリ的中。

 2014年は勝ったワンアンドオンリーを本命公開し、さらにデータ的に不利とされていた青葉賞大敗のマイネルフロストについて、12番人気ながらも「買える話」を入手して相手候補として公開。3連単10万3300円、3連複、2万7470円、馬単1860円、馬連850円を完全的中。

 昨年も本命サトノダイヤモンドから馬連700円、3連複850円を的中させているように一般ファンでは入手できない“ここだけ”の情報を駆使して、何度もダービーを的中させているのだ。

 今年もダービーの前哨戦であるトライアルレースの青葉賞で、1着アドミラブルと4番人気2着ベストアプローチをダブル本命とし、馬連は1点だけの公開。情報通りのレースとなり、馬連770円を1点的中させたほか、3連複を5点公開で3190円的中、3連単8440円もわずか20点で的中。

 さらにプリンパルステークスでも3連単1万3810円、馬連880円を的中。そして京都新聞杯でも、3連単1万5190円、3連複3690円、馬連880円的中とダービーの前哨戦で完璧な結果を残しているが、本番である日本ダービーでも馬券を仕留めるべく、確かな情報を掴んでいるとのこと。

「日本ダービーは例年なら皐月賞上位馬が中心となります。しかし今年の場合は、2400mの適性が不安視されているアルアイン、ペルシアンナイトが皐月賞で上位独占。さらに前哨戦の青葉賞でアドミラブルが圧勝したことにより、皐月賞上位組を差し置いてアドミラブルが日本ダービーで1番人気に推される可能性もあります。つまり今年の日本ダービーは混戦模様。どの馬も弱点を抱える状況だけに、これまでの実績がアテになりません。

 アルアイン、ペルシアンナイトは2400mの距離を克服できるのか? アドミラブルはG1の大舞台で足りるのか? 弥生賞を制したカデナ、共同通信杯を制したスワーヴリチャードは巻き返すことができるのか? 特に今年の場合は、これまでの実績が一切アテにならない可能性もあります。こういった疑問を解消し、かつ馬券でも勝つためには、やはり『本物の情報】を掴むことが重要。

 当社はすでにダービーの的中を確信させる確かな情報を掴んでおり、かなりの自信度で提供できます。年に一度の大勝負ですから、ぜひこの情報を利用していただきたいですね」
(WORLD競馬WEBスタッフ)

 とダービー的中に向けて並々ならぬ自信と決意を感じた。さらに

「大混戦といわれている日本ダービーですが、マスコミにはそう見えても我々にの目にはそう映ってはおりません。確かな情報があれば決して難しいレースではありませんが、確かな情報は我々が知るのみ。今回は初回特典ということで、特別に買い目を極限まで絞りに絞ったダービーの3連単1点情報を無料公開します。人気とは関係なく“情報的に買える”3頭に是非ご注目ください」(同)

 と読者向けに無料サービスの提案までいただいた。日本ダービーは競馬関係者にとっても競馬ファンにとっても夢の大舞台。この大一番を的中させるためにも、ダービージョッキー大西直宏氏が監修するWORLD競馬WEBのダービー情報は必見、ぜひ利用していただきたい。

無料公開CLICK → 日本ダービー「3連単1点情報」


※本稿はPR記事です。

関連キーワード

コメント

3:匿名2017年5月23日 07:36 | 返信

どうでもいいが、当たったらちゃんと税金払えよ。
あたり馬券の購入費だけ差し引いてな。

2:匿名2017年5月23日 07:10 | 返信

何を今更、八百長ジョッキーがからの何を言っているだ!走る前から、一着から八着まで決まっているのに! 勿論、管理をしているのは中央競馬会の中でも、レースに直接関係する、レーシングデザイン部という部署が、存在するとか!だから、皆、研究をするのです!一体何が理由で、この大穴馬が1着になるのかを!そして、何の要素が1着を2着を3着を决定するのかを!最近の傾向、特に今年は、例年に比べて、少し異常なので、初心者は、余り、熱くならない様にしないと、汗水垂らして、稼いだ大切なお金を、一部の権力者共に、吸い取られるだけ!

1:匿名Saiji Iguchi2017年5月23日 06:56 | 返信

基本、八百長競馬だから!走る前から一着から賞金の出る五着までと、馬主奨励手当金という形でお金が支払われる八着まで全て決まっている!だからレースの前の日に一着になる馬主の処にJRAからレース当日に、表彰式で着用する礼服を当日持参するように電話が、掛かって来る!もう馬主は嬉しいわ!もちろん。電話が掛かって来た馬主は、自分の所有馬が一着になるとわかっているから単勝を何千万円も購入する事に、仮に一億円買って配当金が五倍なら、一着賞金以外に単勝馬券でも、まるまる四億円(元金一億円の五倍の配当金だから五億円で元金一億円を差し引いても)いただき!、当然、今年の天皇賞春でも、北島三郎の処にJRAから電話が、掛かって来た筈!自分が何故、この事を知ったのか?と言うと、30年以上前、当時、働きに行っていたNECの工場で大レースが行われる週の木曜日か金曜日に、決まって、トイレの個室の方のトイレに、"今週のレース(大レース)は連勝複式、0~0で買うと、落書きが書かれて、これが恐ろしい程に的中しまくる!当時、予想の神様と言われていた予想家なんて問題にならないくらいに、それも全て一点予想で配当金も25~50倍位のオッズ、でほぼ連戦連勝で何故、これ程的中しまくるのか?と一緒に働いていたアルバイト連中と考えた結果、当時NECは中央競馬会に、毎月のリース料金一億円という超大型コンピューターを納入していたので、毎月、誰か(其の大型コンピューターの配線を担当したエンジニア)が中央競馬会に出向いて、微調整等をしていて、で多分、其のエンジニアも週末、競馬を楽しむ一ファンだったのだろう?今週の大レースは、どの馬が一着になるのか?とか2着は何が来るのか?と中央競馬会のレース設定担当者に聞いていたのだろう!というのが当時アルバイト連中と自分の意見とを総合して導き出した結論! その後、在る書籍で中央競馬会はオッズの計算から、レースに出走する馬の馬体重等を、全てコンピューターのメモリーに入れていたので、NECの超大型コンピューターを、合計2000億円分、購入した!という記事を見た!毎月のリース料金が一億円のコンピューター、販売すると言うことなら一台、最低でも12億円以上だろう!それを中央競馬会は、何台、購入したのか?でその微調整をしに行っていたエンジニアがトイレの壁に、今週の大レース、自分は連戦連勝で、O-Oを一点で、買う!とか、大レースが行われる週の金曜日位に決まって、或る工場の二階のトイレの個室に落書きが出る!しかも怖ろしい程に、ズバズバ的中しまくる!で落書きの通りの組み合わせで決着するから、走る前から、全ての賞金の出る五着までは全部決まっているからこそ、落書きの通りの組み合わせで決着するのだろうと!で中央競馬会は、この事を一部の関係者(馬主とか元騎手とか元調教師等、農林水産省の管轄だから、当然、政府、自民党の議員達>

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。