>  > またも大規模サイバー攻撃勃発! 凶悪「Adylkuzz」が感染爆発中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
【大規模サイバー攻撃】凶悪ウイルス「Adylkuzz」が感染爆発中! 知らぬ間にハッカーに送金… 真犯人と対策を専門家に聞いたの画像1
画像は「Yahoo」より引用

 欧州各国で今月12日、突如として大手企業(運輸、通信、金融、エネルギーなど)や公的機関、病院を狙ったサイバー攻撃が発生。攻撃は瞬く間に日本を含む世界150カ国へと拡がり、20万件にも及ぶ被害をもたらした。

 問題となったのは、ランサムウェア「WannaCry(泣きたい)」。詳細はすでに過去記事で扱ったので参考にして欲しい。すでにマイクロソフトが修正パッチを提供し、事態は収束に向かいつつあるが、ここにきて、新たなマルウェアの大規模感染が判明した。米「Yahoo」などによると、感染は今月2日あるいは、先月の24日から始まり、すでに世界中に拡散、数十万台のパソコンが感染しているとのことだ。


■世界中で猛威をふるうマルウェア「Adylkuzz」

【大規模サイバー攻撃】凶悪ウイルス「Adylkuzz」が感染爆発中! 知らぬ間にハッカーに送金… 真犯人と対策を専門家に聞いたの画像2
画像は「Mirror」より引用

 今回発見されたマルウェアの名は「Adylkuzz」。「WannaCry」と同様、脆弱性「MS17-010」を利用し、感染を広げているという。ただ、「WannaCry」とは違い、ワーム(虫)型のウイルスが自動で、脆弱性のあるPCを探し、寄生していくことは無いため、感染は限定的とのことだ。セキュリティ企業「Proofpoint」社の研究員ニコラ・ゴディエ氏によると、「WannaCry」によるサイバー攻撃との関連で「Adylkuzz」も発見されたという。

「『Adylkuzz』は最近NSAによって公開され、マイクロソフトにより秘かに修正されたハッキングツールです。より秘かに、別の目的のために使用されています」(ゴディエ氏)

 やはり全ての元凶はNSA、ひいては米政府だったのだろうか――。これについても過去記事に詳細があるので、参考にして頂きたい。ところで、ゴディエ氏の発言にある「より秘かに、別の目的のために使用されている」とは一体どういうことだろうか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。