>  > 文春“スクープ泥棒”記事を読んだ文春関係者の感想がヤバい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

週刊文春

,

週刊新潮

91yONQahoHL.jpg
画像は、週刊新潮 2017年 5/25 号

 雑誌ジャーナリズムの雄である週刊新潮と週刊文春のバトルが激化している。発端は18日の「週刊新潮」(新潮社)で、文春記者が発表前の週刊新潮の中吊り広告を出版取次会社から入手し、記事作成に利用していた“疑惑”を写真付きで大々的に報道したことだ。通常、中吊り広告は校了日の午前に刷り上がるため、それを入手した文春はやろうと思えば、新潮の見出しから中身を推察し、ネタを入れることが可能。新潮サイドは1年以上も前から“内偵”を進めていたそうで、発売中の同誌は状況証拠を積み重ねた説得力のある記事に仕上がっている。

 これに対し、新谷学・週刊文春編集長は18日、ニュースサイト「文春オンライン」で反論コメントを発表。「週刊文春が情報を不正に、あるいは不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したりしたなどの事実は一切ありません」と否定した上で「週刊新潮の記事では、あたかも週刊文春が自らのスクープ記事を盗んでいるかのように書かれていますが、例として挙げられた記事においても、そうした事実は断じてありません。社会を騒がせている事件、人物等については、多くのメディアが当事者やその周辺を継続的に取材しており、その過程で他メディアの動向を把握するのは日常的なことです」と訴えた。

一方で文春社員が中吊り広告をコピーする決定的写真についての説明は一切なし。取次会社が文春側に中吊り広告の譲渡を認めていることにも触れずじまいで、説得力に欠ける内容でもあった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。