>  >  > 地球生命が火星からやって来た2つの科学的根拠とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
【ガチ】地球生命が火星からやって来た2つの科学的根拠とは? 米教授「われわれは火星人」の画像1
画像は「Thinkstock」より引用

「われわれは火星人だった」――そんな驚きの主張が科学者の口から飛び出した。地球人が火星からやってきたとする噂はかねてより囁かれてきたが、なんと科学的にも人類の起源が火星にあると考える方が理に適っているというのだ。


■初期の地球環境では生命が発生できない

 米ウエストハイマー科学技術研究所のスティーブン・ベナー(Steven Benner)教授は、生命は火星で発生し、地球にやって来たとの見方を強めている。それというのも、初期の地球環境には生命発生の条件が整っておらず、生命の誕生には適さなかったからだという。一体どういうことだろうか? 今再注目されている英紙「The Guardian」(2013年8月29日付)の記事などを参考に、詳細を見ていこう。

 ポイントとなるのは、生命の誕生に欠かせない2つの要素、「酸化したモリブデン」と「ホウ酸」だ。1つ目の要素である「酸化したモリブデン」は、RNAを構成する糖の一種である「リボース」の結合を強める重要な働きを持っている。しかし30億年前の地球にはモリブデンの酸化を促すほどの酸素が存在しなかったというのだ。

【ガチ】地球生命が火星からやって来た2つの科学的根拠とは? 米教授「われわれは火星人」の画像2
画像は「The Guardian」より引用

 さらに、初期地球は大量の水に覆われていたため、RNAが水中で形成される必要があったと予想されるが、2つ目の必須要素である「ホウ酸」がないと、RNAは水中で形成されない。そして、ホウ酸も当時の地球にほとんど存在しなかったのだ。

 つまり、初期の地球には、生命発生の要素が2つも欠けていた。一方、初期の火星にはどちらも豊富にあったことが火星由来の隕石から分かっているという。これらの状況証拠から、ベナー教授は、「実はわれわれは皆火星人であり、生命は火星で発生し、隕石に運ばれ、地球にやって来た」と、考えているとのことだ。

関連キーワード

RNA

コメント

2:匿名2017年5月24日 10:27 | 返信

否定するなら揶揄するのではなく実名で科学的反証をどうぞ。
野次馬君w
どうせ無理だろうけどwww

1:匿名2017年5月24日 00:18 | 返信

で?
いつもの匿名希望の自称物理学者君にでもコメントを頼んでみたら?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。